無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第17話

福本大晴
ゴホッゴホッ



がぜぼひぎばじだ(風邪をひきました)


ズズッ


ねづをはがっだら(熱を測ったら)


40°でじだ。
















ゴホッゴホッ







ぎぼじわる。←




























そうだ。ぎょう。だいぜいがぐる
(そうだ。今日。大晴がくる)





どうじよぉ

































ガチャッ







きた←











「 あなた~?」


《 あ"ぁ~い"》


「 え!?何その声!!」


《 かぜひいだ。》


「 か、かぜ!?何度あるの!?」


《 40°》


「 え、え、え!!?!どどどうしよ。」


《 そんなあ"ぜんないでぇ(そんな焦んないで)》


「 ま、ま、正門に聞いてみる?いや、誠也?いや、だれ?」←


《 こっちぎで。(布団めくる)》


「 ん?」


《 ここ入って》


「 あぁうん。(布団に入る)」


《 こうしてれば大丈夫。(ハグ)》


「 ほんとに?一発ギャグしようか?
新ギャグあるよ?」


《 い"や。今度で》


「 そうか。他になんかいる?」


《 だいぜいがいるな"らそれでいい(ぎゅー)》


「 そっか(ぎゅー)」


《 ふふっwスースー》



「 寝た?」


《 。。。》














































「 頼りない彼氏でごめんねチュッ(おでこにキス)」