無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第32話

室龍太



『 りゅーたたんた』←


「 なんやねんw」


『 すきだよ?』


「 ありがとう。」


『 だから、ジーコに会わせて?』


「 それ、絶対、こーじに会いたいだけやんw」


『 くそっ、ばれたか』


「 バレるに決まってるやん。」


『 バレたなら仕方が無いっ。じーこに会わせて?』



「 えぇ。やだ。」



『 なんで?』


「 おれのあなたやから」


『 そんなんとっくの前から知っとる』


「 だから、こーじには会わせない」



『 えぇ。りゅーたの事語る相手おらんくなるやん』



「 え?」



『 りゅーたの事あなた並に知ってる人
じーこしかおらんし。話し合わんねん。』



「 は?」




『 だから、西畑くんとか、大西くんにりゅーたの事話しても。
あ、そうなん?とかってなるから。
でも、じーこやったら、せやんな!?とかって語れるから。』



「 え?俺の話?w」



『 せやで?あなた、他のJrの子とかに
あっても、りゅーたの話しかしやんで?』



「 え、そうなん?」



『 そやで?っていうか、それ以外に
Jrの子と、何話すん?』


「 え、いや、世間話とか?」



『 世間話やったら、りゅーたと話した方が
楽しいし。でも、りゅーたの話を
りゅーたにしても、意味ないやろ?やけん。
他の人と話すけどあなたと同じレベルの人
おらん。やから、あなたと同じレベルのじーこと話したいんよ』



「 え、あ、そうなん。俺、勘違いして
勝手に嫉妬してた」



『 え、なにそれ、かわいい。ほら、
こういう、りゅーたの可愛い話とか
を語りたいんだよ。じーこと』



「 えぇ。俺も同行する。」



『 室龍太会に本人登場したらダメだよ。』



「 なんなん、その会wwwww」



『 室龍太を愛し、室龍太に愛されたもの
しか入れない会員制の会』



「 ふはっwwww。わかった。こーじに伝えとく」




『 やったー!!やっと、りゅーたの
話できるーー。りゅーただーいすき(ハグ)』



「 おれもー」



『 いい歳した、じじいが。』



「 一個した!!!」



『 あ、あなたが年上か。』



「 年上にじじい言われたないし。
まだ、じじい言われる歳ちゃうし」



『 せやなwwww』



「 ちゅーして?」



『 チュッ』



「 はや」



『 こう見ると。年下やなって思う』


「 どう見てんねん」( )







































室andあなたカップルの


イチャイチャ~