無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第33話

西村拓哉




『 たくー?』


「 ん?」


『 学校行くで?』



「 俺も。」



『 はい。(手を出す)』



「 ☺️(繋ぎ返す)」










































( あ、西村くんと田中さんだ)

田中はあなたの苗字です



( 美男美女カップルだよね。)


( でも、あなたちゃんの方が甘々な風に見えるけど西村くんの方が甘々なんだよ)



( ええ?!西村くんの方があまあまなの?)



( 私同じクラスだけど。西村くんあなたちゃんにちょー甘々なんだよ。)



( へぇ~)


































男子「 拓哉ー。この教科書運ぶの手伝ってくんない?」



「 ごめん。ちょっと今忙しい」



男子「 おっけー」




『 たくー?』


「 ん?」


『 この、プリント職員室まで運ばなきゃだから手伝ってー』


「 うんー。いいよー」




( ほんとだ。)


( ね?あなたちゃんの言うことしか聞かないでしょ?)























( あなたちゃーん。一緒にお昼食べよ?)



『 うん!いいよ!!』


「 ごめん!あなた俺と食べるから」


『 あ。うん。ごめんね😅』


( ううん!また今度食べよー!)






















( あなたちゃんがって言うより西村くんがあなたにベッタリだよね)



( そーだよね。ベタ惚れだね)





















「 あなた~(ハグ)」



『 んー?』


「 だーいすき。」



『 あなたは愛してるー』































甘々カップル