無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第58話

道枝駿佑

現在の時刻23:00





そろそろ、道枝くんが帰ってくる頃です。







そして、私は、もう部屋で寝てる設定です。




ねたふりしますw























ガチャッ




うおっ、寝る準備すんのはやっ















道枝「 あなた?」




寝たふり寝たふり。









道枝「 ねてんの?」(ベットに腰かける)





起きてますよーー。とか心で思っときながら。













道枝「 今日、誰といたんだよ。」(頭撫でる)




え、喋りかけてる?


え、独り言?



え、なに。((




道枝「 、、、、チュッ」(ほっぺにキス)








うぉーーーーー。キスされたーーーーー。




これは、嫉妬してくれたってことで良き、?



よきまる!?











気づいたら寝ちゃってて。



時計みたら、朝の4時


まだ、起きるには早いんだけど。



喉乾いちゃって。










起き上がって、立とうとしたその時










グイッ




『 へっ!?』(道枝にうでをひっぱられる)




道枝「 昨日、なにしてた」





うっそんーー。起きてたのー?




『 なにって、、、なにが?』




道枝「 昨日。午前勤務終わって、帰ってどこいった。」



なんで、午前勤務なの知ってんの。





『 どこって😅い、家にいたよ?』




道枝「 ふーん。嘘つくんだ。」(押し倒す)




な、なに、これ、、、




『 う、嘘じゃないよ?』



ある意味ね((




道枝「 他の男と、腕組んで、オシャレして、どこいった。」



『 なっ、なんでしってんの!?』






あき作成の台本。



覚えといてよかったーー。(そんなのあったのかよ









道枝「 お前の、友達からきいたんだよ。」




まってw台本通りに返すじゃんwww



あきが、予想して道枝くんのセリフ書いてたけどwww


まんまじゃんwww






『 だって。道枝くん、私の誕生日なのに、オペ2件も入れちゃうんだもん。それを、田中くんに相談したら。俺が祝ってやるって。最初断ったけど。ゴリ押しされちゃって』




道枝「 ゴリ押しされたら行くのかよ。」




『 そういうわけじゃないけどさ、』



道枝「 お前、自覚してんの?」




『 へ?』



道枝「 お前は、俺の、妻なの。俺以外と絡んだら、ダメなんだよ。」(キス)



『 み、道枝くん?』



道枝「 なんだよ、」



『 これ、ドッキリ。』



道枝「 は?」



『 ドッキリなの!あきとちいちゃんが考えた』



道枝「 ってことは、全部」



『 うそ!私昨日ずーーーーーっと。家にいたよ?w家に電話来たのも知ってるし。おばさま、ちょっと大袈裟に話しすぎてたけどwww』




道枝「 う、そ?」



『 そーだよ!』



道枝「 はぁ、、、、、よかった」(ハグ)




『 え?』



道枝「 俺、嫌われたのかと」



『 そんな、私だって、誕生日も仕事入れられたら、嫌われたと思うよ!』



道枝「 そのオペ、俺しかできるやついなかったんだよ。そもそも、休み取る予定だったし。」




『 え、、、、そんな、、、その事言ってくれれば!』



道枝「 zzzz」




『 え、、、寝た、、、、』


















そんなこんなで、まるくおさまった。((





その日、病院に行くと



色んな、先生や看護師さんに



道枝くん大丈夫!?って言われて、



何がですか?って聞いたら。





昨日道枝くん。午後から


失敗ばかりで、心ここに在らずって感じだったらしい


オペは、なんとか、なったみたいだけど。












私の事、心配してたんだねww





道枝くんこれからも、だーーいすきだよーー!