無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第50話

黒田光輝
黒田side





どーも。



今日は、あなたちゃんとデートする日です











『 こ~き~?ティッシュ知らない?』(キョロキョロしながら)




「 あ、ここ」ホイッ





『 てんきゅ』




「 今日。雨じゃん。」




『 今日は。大人しくお家デートだね。』




「 そだな。まったりゆったり。過ごそか」



『 それが一番』


















ソファで黒田の上にあなたが座ってる感じ(伝われっ)











『 (ケータイいじってます)』




「 ねぇ。ケータイは、置こ?」




『 ふはっwごめんじゃん。』(置きます)





「 コロナ早くおさまってほしいよな」




『 あっ。密です』(離れる)




「 いまさらっ!?!?すっごい。すーすーする!」(太ももさすりながら)




『 ww冗談だってwww』




「 コロナ終わったら。何したい~」



『 旅行行くでしょ?あっ、でもこうきは学校始まるから。一人旅かなー』




「 嘘でしょ!?俺、学校休むよ!?」




『 冗談だよww一緒に旅行行こ』




「 あなたちゃんは、どこ行きたいの?」




『 うーん。京都?福岡?大阪?』




「 おぉ。俺その中だったら福岡行きたい」





『 じゃあ。福岡だね。』




























ゆるゆるな。カップルいかが?