無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第12話

渡辺翔太
こんにちは










あなたです。









私は、地味で、いじめられてます












でも、誰にも言ってない秘密がある。






それはね、











































学年一のモテ男


渡辺翔太と幼なじみだってこと



















向こうには、学校では絶対に絡まないで



って言ってるのw





だって、絡まれたら余計いじめられちゃうから












いじめっ子「 ちょっと、あなたちゃーん
なんで、今日も学校に来たのー?
まさか、いじめられたがりのM!?」



いじめっ子「 きしょーいwww」



いじめっ子「 じゃあたっくさんいじめてあげるねぇ~♡wwwww」






いじめっ子「 汚ったないから洗ってあげる」



いじめっ子「 トイレの水で綺麗にしてあげますねぇ~♡www」









バッシャーン





『 つっめた(ボソッ)』



いじめっ子「 なに?」



『 い.....いいえ』




いじめっ子「 濡れちゃったねww
まぁ、頑張れーwwwwww」






































いやw頑張れってなんだよw



日本語勉強しろ


















「 あなた?、、、」






ゲッ




まさか










渡辺「 あなただよ、、ね?」












うわぁぁ。会いたくないやつー











いじめられてるの


知らないからこの人←














『 そうだけど、なに?』



渡辺「 なんて濡れてんの!?」



『 ちょっとね、暑かったから
水遊びしてたの。そしたら頭からずぶ濡れになっちゃった』



















この人鈍感だから


これで騙されるんだよww


















渡辺「 あははっwwwあなた馬鹿だなぁ~www」




『 へへっwじゃね、』




渡辺「 まって、ハンカチ貸すよ?」



『 いいよ。体操服に着替えるし
あんたに、ハンカチでも借りたら女子達になんて言われるか』




渡辺「 そう。んじゃね」



『 ばいばい』













































そんなにアホじゃねぇよって




まぁ、助かるけどねw




勘が鋭いよりは、、、、
















































いじめっ子「 あなたちゃーん!ちょっと来てぇwww」













はぁ、またかよ


















『 なんですか、、』





いじめっ子「 廊下のど真ん中に立ってwww」




























次は何されるんだろう




まぁ、翔太に見られないならいいけど











































いじめっ子「 みんなー!!
地味子あなたちゃんが、下着姿になるよー!!!(大声)」






『 なっ!』

























はぁ!?



翔太出てくるじゃん!←そこじゃない





















モブ「 なんだなんだ!」



モブ「 あなたが、下着姿になるってよ」



モブ「 あいつ結構いい体してるらしいぜ」




渡辺「 、、、?」
















いじめっ子「 ほら、さっさと脱ぎなよ!(スカートめくる)」




『 きゃっ』




いじめっ子「 ははっwwwきゃっだってww
誰もお前の下着なんか見てもなんも思わねぇよwwほら脱げよ!(脱がせようとする)」




『 やだっ!やめて!!!』


いじめっ子「 ほらほらw学年一のモテ男
渡辺くんも見てるよwwwwww恥さらしなww」






















私がこれで下着姿になって


酷い目に会うのはそっちだからね!?















『 やめて!!』




渡辺「 ねぇ、君たち何やってるの?」



いじめっ子「 この子が、下着姿になるって言ったから協力してあげてるんですw♡」









そんなこと一言も言ってねぇよwww








渡辺「 ほんとなの?あなた」



いじめっ子「 なんで、、、呼び捨て、、」



渡辺「 もういいでしょ?みんなに言っても
俺もう我慢できないよ?」



『 、、、、』




いじめっ子「 どういうことだよ!お前!
ウチらの翔太くんとどういう関係なんだよ!」



渡辺「 辞めてくんない?(大声)」





全員-あなた
「 ビクッ」




いじめっ子「 なんで、翔太くんがかばうの?」



渡辺「 俺の、彼女だから(肩組む)」
























は?
























え?え?え?













『 えぇ!!!!!!』←お前じゃない




渡辺「 なんで、あなたがそんなに驚いてんのwww」




『 え、え、だって、彼女じゃないでしょ?
ただの、幼なじみでしょ?』


全員-渡辺「 幼なじみ!?!?」




いじめっ子「 え、お前翔太くんの幼なじみなの!?」



モブ「 マジかまじか」





『 はっ(口抑える)』



渡辺「 自分で言っちゃったねww」



『 翔太が彼女とか言うからでしょ!!
冗談やめてよw心臓に悪いwww』




渡辺「 冗談じゃないよ?俺は本気だよ?
あなたの事一人の女の子としか見たことがない」




『 え、、、』




渡辺「 俺と、付き合ってください」



いじめっ子「 何もこんな奴と付き合うことないよ」



いじめっ子「 そうだよ!うちと付き合お?」













渡辺「 誰が、あなたをいじめたやつと付き合うかよww
まじで、俺のあなたに手出したやつはタダじゃおかねぇぞ」



いじめっ子「 ごめんなさい!」



































そう言って、いじめっ子達は


去っていった←


























渡辺「 俺ってそんなに頼りない?」



『 うん。』( )



渡辺「 そんな直球に言わなくても(泣)」



『 ほら、すぐ泣くw』


渡辺「 だって、今まであなたが、いじめられてきたかと思うと」



『 ふっww鈍感だからね翔太はww』



渡辺「 そう言えば、俺と、付き合ってくれるの?」




『 どーしよっかな、、
鈍感だし。泣き虫だし。弱いしw』



渡辺「 うっ」




『 いいよ。付き合ってあげるw
でも、その代わりちゃんと守ってよね?
あなたの、王子様!!!(ハグ)』



渡辺「 ////もちろん!(ハグ)」












































































































































2人は

結婚して。子供も4人産みましたとさ














私のヒーローは

学年一のモテ男でしたwwww