無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

前の話
一覧へ
次の話

第65話

松村北斗

おはこんにちばんわ。(










わたしには、兄がいます。




みなさんごぞんじ。




松村北斗ですね。はい。

















まぁ、最近、忙しくて顔も合わせてないんですけどね。






でも、毎朝起きると。置き手紙してあるんだよね。わら。









まぁ、返事書かんけど。





お?今日は、帰り早いらしいよ。


























ガチャッ


「ただいまー。」





はやすぎか。




『 おかえりー』




「 あなたちゃん、冷たくない?久しぶりのにぃだよ?」



『 お前が暑すぎる。』



「 とかいってぇ、ハグ待ち構えてるでしょ?」(ハグ)





『 あつい。にぃさ。私もう、高二だかんね?そろそろ、シスコン卒業した方がいいよ?』



母「 そういう、あなたもそろそろブラコン卒業した方がいいよ?毎晩毎晩、北斗のTシャツ持って、寝なくても。」




『 まま!!!それは、言わない約束でしょ!』




「 かわいいかわいい妹よ。」(頭なでなで)




『 今日一緒に寝よ?』(ふっきれた)



「 いいよ」




























シスコンな兄とブラコンの妹



大変よォ?By母