無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第7話

長尾謙杜
あなたでぇっす♡←











ごめんなさいw

こんなキャラちゃいますよ!?




私、弟がいるんですけどねw



めっちゃ、甘々で可愛いんだよねw
























『 ん?なんで、謙杜は、
姉の、部屋におるのかな?w』


「 ん?だって、姉ちゃんとなるべく
一緒にいたいから♡」←


『 そうなのw』











3個離れてるんですよね。


あなたが、今年18


謙杜が、今年15
























夜ご飯









母「 謙杜!どこ座るの?」



「 姉ちゃんの、横」


母「 はーい」







私の横かいっw










(いただきます!)



「 姉ちゃん、あーん」



『 じぶんでたべぇやwww』



「 (。・ˇ_ˇ・。)ムゥ…」



母「 んふふ♡仲いいわね」








仲良いのレベルちゃうやろw



もはや、カレカノレベルやでww















「姉ちゃん!お風呂入ろ!」


『 1人で入ってきいやww』


「 やだ!姉ちゃんと入る!」



『 子供ちゃうねんから、1人で入りな!』



「 いやだ!」



母「 入ってやりなさいよ」







ん?ん?頭おかしい?



謙杜は、バリバリの思春期男子やで!?














「 姉ちゃん!入るで!!」



『 1人で入りな!』



「 なぁんで!入ろぉーよ!」



母「 入ってきなさい!」



『 えぇ~、、、、』























結局2人で入りました





お母さん頭イカれてる←


























「 ねぇちゃん、寝るね」



『 おやすみ』




「 姉ちゃんも、一緒寝よ」



『 ほんま、あんた何歳やねんw一人で寝ぇや』


「 ええやん。寝よや」


『 はいはい』



































「 姉ちゃん、おやすみ!大好きやで」



『 ねぇねぇ、あなた彼氏出来てんけど』



「 えっ!!!ダメダメ!早く別れて!」



『 なんで?』



「 姉ちゃんは俺の!!」


『 ふふっwかぁわぁいい♡彼氏なんておらんで
姉ちゃんには謙杜がおるもん』



「 すき♡(ハグ)」


『 ありがとう。おやすみ(おでこにキス)』



「 スースー」







































甘々な弟だけど


甘々な姉でもあるのかな?www