無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第52話

田中樹



さて、1限目
















だいたい寝てます((





一限目って国語になることが多いんです。





眠たくなるやん?そんなの





























キーンコーンカーンコーン







このチャイムで、目覚めます












葵「 あなた、また寝てたでしょ」




『 国語は眠くなるて』




葵「 しかも、国語嫌いだしねwww」




『 樹は国語派だけどね』











2限目





真面目に受けます((







先生「 はい、この問題解ける人」




✋🏻





先生「 はい、佐藤」



『 ○○です』



モブ「 さすが、ガリ勉女wwww」





















3限目



寝ます




1時間頭使うと眠くなるんですよねー。((















4限目



真面目に受けます(



まぁ、寝る、受ける、寝る、受けるって

覚えてくれたらいいです((は


























昼は、葵と食べます










『 葵~食べよ、』



葵「 はーいよっ、」





でも今日は違った









モブ女「 ねぇ、ガリ勉女」




『 は、はい』




モブ女「 なんで、お前なんかが葵さんと昼飯食ってんだよ、さっさとくたばれよ」(椅子ける)




葵「 ちょっとあんた達、何してんの!」



モブ女「 葵さんw何もこんなガリ勉女と食うことないですよww」





廊下をたまたま通り掛かった樹「👀」





モブ女「 お前、ちょっとこっち来い」(髪の毛引っ張る)





『 きゃっ、やめてください』





葵「 あっ、ちょっと」



モブ女「 葵さん私たちと食べましょー」














モブ女「 こっち来い、早く」(ガッと引っ張る)










出口






樹「 ねぇ、」



モブ女「 あ!樹くん♡♡」




樹「 (あなた引き寄せて)俺の女に手出さないでくれる?」





クラス全員「 俺の女!?!?!?」














NEXT