無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第44話

元木湧

すみません!リクエスト1回リセットして
ストスノ無くなって少年忍者がはいってからの
りくえすとからやっていきます

本当にすみません🙇‍♀️

関ジュ
少年忍者

リクエストおまちしてます!!



*☼*―――――*☼*―――――












どうもっ。あなたです!


少年忍者の紅一点してます




檜山「 あなた~アイランドTV撮ろ~」



『 うんいいよー!』



深田「 あなたちゃん!今度洋服見に行きません??」



『 いいよ!!いなばー!』



稲葉「 なんですかー?」




『 かわいいなぁ😇』




稲葉「 えぇww」




『 今度。新しいクマのぬいぐるみ買ってやるからなっ!!』





稲葉「 ほんと!?」




『 うん!だから。ハグさせて!!』



久保「 あなたちゃんそれ目的ですよね」


黒田「 第2の悠仁やん」



『 ちがう。私が好きなのは。稲葉だけだ』



川崎皇「 そんなこと言っていいの?」



『 え?』


青木「 向こうにすんごい顔した人いるよ」




元木「 、、、、」





『 あ。やべ』



内村「 稲葉が可愛いからいけないんだー」




稲葉「 え!僕ですか!」























『 湧ごめんじゃん?』




「 いいよ。俺、可愛くないし」




『 いや、、湧はどちらかと言うと。かっこいい?うん。かっこいい!!』




「 うん。俺は。あなたのかっこいい枠だから。」



『 そうそう。かっこいい彼氏枠だもんね!
稲葉は。可愛いクマさん枠なんだよ!!』



「 なるほどね!!おれは。かっこいい彼氏枠か!!!!」




『 そうだよ!!!あなたのかっこいい彼氏は湧しかいないよ!!!』




「 やったー!!!」(はぐ)





『 ということで。稲葉クマさんとハグしてきていい!?』



「 テディベア感でしょ!?」




『 そう!』




「 いいよ!!」







少年忍者-元木
( 単純だ☺️)
































単純な元木くん





扱い慣れてるあなたちゃんでした