無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第20話

京本大我
私には


美しすぎる


彼女がいます。












冗談です。彼氏です。←















今、隣で寝てますw





眠れる森の美男ですね。←



















《 肌綺麗すぎる(ほっぺさする)》

「 パクッ(あなたの手くわえる)」

《 起きてたんかい》

「 コクッ(くわえたまま)」

《 あの。私の手美味しくないですけどw》

「 そーですね(手を外す)」

《 ですよね。》

「 でも、あなたが作ったご飯は美味しいですよ。」

《 ご飯と手は違いますからね同じ人でも》

「 うまい!」←

《 いや、そういうんじゃwww》

「 さすが俺の彼女!!(ハグ)」



どっちが女だってぐらいあなた美形ですけどね




《 可愛いですね京本さん》

「 あなたも近い将来京本さんになるんですよ?」

《 あら、嬉しい。》( )

「 デビューするまで待っててね」

《 うん。待っとく(ハグ)》















結婚してくれるらしいですw


愛してるよー♡