無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第30話

ラウみち

こんにちは



柏木あなたですー













私は世に言う。地味女です




モブ( あなたちゃーん!今日うちらさ、カラオケ行くんだ。だから、放課後の掃除変わってくれない?)


え、でも、掃除は交代で



モブ( なに?聞こえなーい!)



分かりました。やります



モブ( ありがとー!私たち友達だもんね)



ははっ(作り笑い)








友達なら私も誘えよって思いますけどね。←




ラウ「 柏木あなたちゃんいますかー」






え、わたし?




モブ( きゃー!!トップだわ!!
小さい頃からずっと一緒で。めちゃめちゃイケメンの幼なじみ!!!)




道枝「 え、用事あるって柏木に?!
俺もなんだけど」




ラウ「 あ、みっちーもあなたちゃんに用事だったんだ」




道枝「 おん」





モブ( トップだよ!?やばぁーい!!)




さっきから、私の名前連呼してるけど。







無視無視←











道枝「 柏木あなた。おるやん」






え、顔知ってんの!?
私初めましてですけど!?←





道枝「 (あなたの目の前に来る)おい」




あ、な、なんですか、、、



道枝「 ふはっwその喋り方変わってないな」



ラウ「 ほんとだー!ww相変わらず声ちっさいねwww」



え、?



初めましてですよね、、、?←





道枝「 なに、はじめましてですよねみたいな顔してんの。」



ラウ「 えぇ!?忘れちゃったのぉ!?」



は!なにが!?





道枝「 俺ら小さい頃一緒にいて
大きくなったら、みっしゅんとらる君どっちと結婚するか決める!!でも、今は2人とも仲良くしたいから、今はきめなーいってめっちゃちっさい声で言ってたじゃん」




ラウ「 こんなに地味になって、めちゃくちゃ可愛いんだから。お下げやめて、メガネ外して、マスクも外して(全部はずす)」




おいおいおいおい!?←




道枝「 ほら、やっぱり可愛い。チュッ」



『 !?!?!?』



ラウ「 あ、ずるい。チュッ」













え、まって、、みっしゅんとらる君?



嘘だろ。全然気づかなかった



道枝「 そうだよ!みっしゅん」


ラウ「 とらる君」



え、うそ。まじで



道枝「 ねぇ、どっちと結婚するか決めてる?」




そんなの全然覚えてないし。きめてないよ




ラウ「 じゃあ、今決めてよ。どっちにする?」



え、、



道枝「 もちろん俺だよな?」



ラウ「 僕でしょ?」


























皆さんはどっちを選ぶ?