無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

前の話
一覧へ
次の話

第1話

酷いと思いませんか!?






いっけなーい🔪殺意殺意💦
私、趣味がゲームと絵描きの一般人😉
薄い冊子を読んだり描(書)いたり
するのも大好きなの✨

でもある日、好きなキャラクターの
設定本を買って、浮かれてた私の前に
急に車が現れてもう大変😲
おい、車!!そっちの信号は赤信号
だぞ、巫山戯るな👹


咄嗟に携帯と設定本を守る体制になる
私よ、流石だな💪
次回「お前、末代まで呪ってやるからな、
覚えとけよ!!!」お楽しみに💖

















ハッとして目覚めたら
薄暗くて寒い場所に居た
周りを見渡すと、扉や調度品
格子付きの窓があるのが分かる


…此処は御屋敷なのだろうか




覚束無い足取りで壁を伝いながら
歩いて行くと一際目立つ
扉を見つけた




「ん"ん…明らかに怪しいでしょこれ
入りたくないんだけど」



異様な空気を放つ扉に嫌な予感がした


しかしこの扉以外、場所は延々と同じ
風景である事には違いない為、
思い切って彼女は扉を開く





その瞬間、身体が浮遊感に襲われる

真下に落ちているのだ











「「ッ、この、クソがあぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁ!!!!!!!?」」






遠くで鳥が嘲笑った気がした
















オリキャラ紹介

芹菫 日鞠せりずみ ひまり


よく呼ばれていたニックネームは、
せり〜・ひまちゃん。

年齢→2◼

性別→女性


推しに貢ぐために社畜しながらも、
需要と供給を求めて、薄い冊子を
描(書)いたり読んだりしていた。

最近発売日したばかりの、推しの
設定本を読む前に亡くなった事に
激しい憤りを感じている。
オレハオマエヲユルサナイ…