前の話
一覧へ
次の話

第5話

鳥のように
205
2022/02/17 08:50
それから.......



ニール「寝る時とかにはこの部屋を使っていいからね。」

とベットに小さな机と椅子が置かれた部屋に案内してくれた。

涼「魂って寝るんだね。」

ニール「ああ、魂も疲れるからね。本当は肉体が休む時に少しだけ魂も休めるんだけどここでは魂だけだからね。」

それじゃ、と言ってニールは部屋から出ていった。

私は小さく

涼「ありがとう」ボソッ

と言った。


━━━━━━━━━━━━━━━

くらい水の中にいた。

暗くて

深くて

息のしずらいところだった。

少しの光をつかもうともがいていると

頭の中に、女の子の楽しそうな笑い声が聞こえてきた。

映像が流れてきて

その映像は

まだ楽しかった
あのころの記憶の映像だったんだ。

プリ小説オーディオドラマ