無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第4話

組織にて
ジン
ジン
ベルモット、後ろのやつは誰だ。
ベルモット
ベルモット
紹介するわ。
組織に入りたいと言っている子よ。
ネグローニ
ネグローニ
初めまして。
瀬戸奈々です。
ベルモット
ベルモット
実力はそれなりにあるわよ。
ジン
ジン
例えば?
ネグローニ
ネグローニ
変装術、柔道、ナイフ術、拳銃を扱えます。
安室 透  降谷 零  バーボン
安室 透 降谷 零 バーボン
コードネームはどうしますか?
ベルモット
ベルモット
うーん。
ウォッカ
ウォッカ
兄貴、どうします?
ジン
ジン
ベルモット、お前が決めろ。
ベルモット
ベルモット
ネグローニはどう?
ジン
ジン
...いいだろう。
ジン
ジン
バーボン、あの方のところに連れて行け。
安室 透  降谷 零  バーボン
安室 透 降谷 零 バーボン
分かりました。
歩いている途中、バーボンが話しかけて来た。
安室 透  降谷 零  バーボン
安室 透 降谷 零 バーボン
あなたは何歳ですか?
瀬戸 奈々
瀬戸 奈々
何歳だと思いますか?
安室 透  降谷 零  バーボン
安室 透 降谷 零 バーボン
中学生くらいでしょうか。
ネグローニ
ネグローニ
不正解です。
ネグローニ
ネグローニ
外見は、そう見えるかもしれませんが、中身は、小1です。
安室 透  降谷 零  バーボン
安室 透 降谷 零 バーボン
えっ!
安室 透  降谷 零  バーボン
安室 透 降谷 零 バーボン
小1なのですか?
ネグローニ
ネグローニ
精神はそうなんです。
安室 透  降谷 零  バーボン
安室 透 降谷 零 バーボン
そうですか。
ネグローニ
ネグローニ
誰にも言わないでくださいよ。
安室 透  降谷 零  バーボン
安室 透 降谷 零 バーボン
分かりました。
バーボン side

もしもこの子が本気で入って来たのなら、敵になるな。

この子の目的が分からない...
なぜここに来た?
安室 透  降谷 零  バーボン
安室 透 降谷 零 バーボン
君の目的はなんだ?
ネグローニ
ネグローニ
・・・。
ネグローニ
ネグローニ
FBIを憎んでいます。
安室 透  降谷 零  バーボン
安室 透 降谷 零 バーボン
なんで、憎んでいるのですか?
ネグローニ
ネグローニ
...いつか言うわ。
安室 透  降谷 零  バーボン
安室 透 降谷 零 バーボン
分かりました。
安室 透  降谷 零  バーボン
安室 透 降谷 零 バーボン
この部屋です。
あの方が待っています。
ネグローニ
ネグローニ
ありがとう。
ここからね。
頑張らなくちゃ。
トントン
あの方
入れ。
ネグローニ
ネグローニ
失礼します。
あの方
君が新人の子か。
変声期に、顔が見えない...
ネグローニ
ネグローニ
はい。
普通の子供です。
名はネグローニです。
あの方
それはそれは。
歓迎しよう。
ラム、ここでのルールを教えてやり。
ラム
はい、ここでは、裏切り者は排除し、忍びの者も排除します。

ここにいるお方の御命令は絶対です。
ネグローニ
ネグローニ
分かりました。
あの方
ところで、なぜここに来た?
ネグローニ
ネグローニ
FBIを消すためです。
あの方
なぜだ?
ネグローニ
ネグローニ
あら、今ここで全部真っ白にするのも面白くないでしょ?
あの方
そうだな。
教えてくれるまで楽しみにしておこう。
あの方
歓迎しよう。
ネグローニ
ネグローニ
ありがたき幸せ。
私は礼をした。
ネグローニ
ネグローニ
失礼しました。
ガチャ
安室 透  降谷 零  バーボン
安室 透 降谷 零 バーボン
意外と余裕でしたね。
ネグローニ
ネグローニ
いいえ、べつに。
安室 透  降谷 零  バーボン
安室 透 降谷 零 バーボン
戻りましょうか。
ネグローニ
ネグローニ
はい。
ちょっとしたら、さっきの場所に戻ってきた。
ベルモット
ベルモット
おかえり、ネグローニ。
ネグローニ
ネグローニ
ただ今帰りました。
ジン
ジン
今日はもう帰っていいぞ。
ネグローニ
ネグローニ
はい。
ネグローニ
ネグローニ
お疲れ様でした。
ジン
ジン
バーボン、送ってやれ。
安室 透  降谷 零  バーボン
安室 透 降谷 零 バーボン
分かりました。
安室 透  降谷 零  バーボン
安室 透 降谷 零 バーボン
行くぞ、ネグローニ。
ネグローニ
ネグローニ
はい。
ネグローニ
ネグローニ
失礼します。