無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第9話

episode




だんッ



という音と共に開くドア



男どもが驚いた顔でこちらを見る



瞬間で銃を構えると



男どもは冷や汗を流した



🕊「 そっちいって 」



🐰「 お前が指図すんな 」



🕊「 … 」



協調性の欠片もない私ら



🕊「 まずい 」



🐰「 お前そっちいけ 」



🕊「 ん 」



ぱんッッ



ばんッッッ



響き渡る銃声音と



倒れる男



┄┄┄┄