無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第4話

episode



ピーンポーン



チャイムを鳴らすと



びっくりしたような顔で



挨拶をした



🐨「 やあ、よろしくね 」



手招きをされ、中に入ると



ぶら下がるハンモックが8つ。



🕊「 これに、寝るんですか? 」



🐨「 そうだよ わくわくするでしょ? 」



🐭「 あ、俺自己紹介パス 」



何かを察した男の人は



そう言うとテレビ画面へめを移した



┄┄┄┄