第2話

再婚
300
2021/03/03 12:50
私は 黒瀬  日菜くろせ  ひな、中学2年生。

私の親は小学五年生の時に離婚した。

「悲しい」

私はそう思いはしなかった。

いつも馬鹿にしてくる妹と

妹だけ弱愛し、私を奴隷として扱う母から離れられてせいぜいする。

離婚したあとは妹は母へ、私はもちろん父について行った。

私の家族は父だけ。

他の人間を信用するものか。

また同じようなことが繰り返されるだけ……
ひな、ちょっと来なさい。話があるんだ。
黒瀬  日菜
黒瀬 日菜
なに〜?
俺は再婚しようと思う。
黒瀬  日菜
黒瀬 日菜
えっ……?
相手もいるんだ。
苺宮  南いちごみや  みなみ、美人で優しい人だ。
ひなもきっと気に入ってくれるはず。
それにひなのお兄ちゃんになる人もいる。
良かったな。実はひなのことが心配だったんだ。
小学生のうちから離婚してしまったから母がいないのは寂しいんじゃないかって。
でもこれで解決だ。たくさん甘えて、愛されなかった分まで愛してもらえ。
それに引越しは明日だ。
大きな家だから友達に自慢できるぞ
荷物は早めに準備しておけ
黒瀬  日菜
黒瀬 日菜
……うん
黒瀬  日菜
黒瀬 日菜
嬉しいな……ありがとう。
黒瀬  日菜
黒瀬 日菜
部屋に戻って準備してくるね。
分かった
楽しみにしておけよ
父はそう言いながら嬉しそうな笑みを浮かべた。

私は階段を静かに登ると自分の部屋に入った。
黒瀬  日菜
黒瀬 日菜
お父さんは何も分かってない……何も……何も……((ボソッ…
私は静かに涙を流す。

結局誰も私の気持ちをわかっていなかったんだ。

家族なんていらない。

また裏切られるだけ。

ただちの繋がっている本当の家族に愛されたかっただけなのに……
黒瀬  日菜
黒瀬 日菜
もう信用しない……誰も……絶対に……

プリ小説オーディオドラマ