無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

前の話
一覧へ
次の話
240
2018/08/20

第3話

(3)
放課後 。

私と ヒーローと みゆちんは 巷で噂の ス♡ーバックスという 店に来た 。

あなた

わァ ! 相変わらず 広いねェ

廣瀬 匠哉
廣瀬 匠哉
結構の頻度で 来てんのに 何で同じ反応取れんのかなァ
御沢 彩
御沢 彩
とりあえず 頼もうよ 。すみませ ~ ん
注文口に 店員がいなかったから みゆちんが 大きな声をあげる 。  デカい なァ 。
御沢 亮輔
御沢 亮輔
あッ , 彩と 愉快な仲間たち
あなた

あぁッ !! みゆくん ッッ

みゆくん と呼んだ子は 御沢亮輔。

親の事情で 夜間高校に 通っている 。なので昼は 堂々とオシャンティーカフェで クールに バイトしてらっしゃるのだ 。そしてみゆちんの親戚。
御沢 彩
御沢 彩
3人共 ''いつもの'' でよろしく
御沢 亮輔
御沢 亮輔
了解 ッ。
ビシッと 敬礼を決める みゆくん。人当たりが いい子みたい。

少し経って ''いつもの''が 運ばれてきた。1人ずつ お会計を済ませ 席に座る。
御沢 彩
御沢 彩
はァ ~  美味そう
あなた

とりあえず 写真ッ

パシャ。 私が写真を撮り SNSにアップしようとした瞬間。

ヒョイッ。私のスマホが手から消えた。
廣瀬 佑哉
廣瀬 佑哉
学校終わりに 買い食いか?
あなた

せ、先生ッ !!

御沢 彩
御沢 彩
先生 !?  何でいるんですか?
先生は 片手にコーヒーを持ち 隣の 空いている席に座る。
廣瀬 佑哉
廣瀬 佑哉
匠哉 これ
廣瀬 匠哉
廣瀬 匠哉
何だよ?
先生が ヒーローに渡したのは一通の______手紙。
廣瀬 匠哉
廣瀬 匠哉
何だこれ
その手紙は 封筒の閉じている部分に ハートマークのシールが付けられている。 また 名前を書くところには 廣瀬匠哉君へ と書いてある。
廣瀬 佑哉
廣瀬 佑哉
机の上に 置いてあった。
匠哉は 封筒を破いて トレイの上に散らかす。
廣瀬 匠哉
廣瀬 匠哉
『 放課後 3丁目の噴水公園に来てください 』だってさ。
あなた

3丁目って.....ここから少し遠いんじゃない?

廣瀬 佑哉
廣瀬 佑哉
確かにな。
私たちのいるカフェや学校は 噴水公園から 距離が離れている。
廣瀬 匠哉
廣瀬 匠哉
一応 行っとくか。
廣瀬 佑哉
廣瀬 佑哉
ここから遠いぞ。車出してやるから乗っていけあなた達も来ますか?
御沢 彩
御沢 彩
はいッッ !!
あなた

ぜひ !!

廣瀬 匠哉
廣瀬 匠哉
何でこいつらと一緒に......
そう言って 私達はカバンを持ち  先生はコーヒーとカバンを持ち 店を出て行った。