無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第6話

5話 Side: Y.
ゆきむら
すみませんッ
ゆきむら
あなたさんって,今どこいるかご存知ですか??
「多分図書室かな。案内しようか?」
「多分有馬たちとつるんでると思うけど」
ゆきむら
そうですか,ありがとうございます
ゆきむら
失礼しましたッ
_有馬, 琉碧。


彼女と仲の良い友人で_______男。







あなたさんの隣にいていいのは




僕だけなのに。
…腹立つなぁほんと。
殺したいくらいにはイラつくけど




そんなことしたら君に,



嫌われて しまうだろうから





ゆきむら
待ってて,今いくよ_____
だから。






君が僕だけを見れるようにしてあげる。



愛しい愛しい,ぼくだけのあなた…