無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第12話

10話
📲
『もしもし…』
「ゆきむらくん…, どうしたの?」
『あ,よかった…ちゃんと合ってた。
なんかちょっと, 寂しいなって。こんな遅くにごめんねッ』
「私は大丈夫。
…急に環境変わったからかなぁ,」
『変わったって,学校だけだけどねッ』
「それでもやっぱり色々あるでしょ?」
『そう,なのかなぁ』
「気付かないだけで案外そういうものだよ,きっとッ」
『…そっか』
『…あのさ,ビデオ通話しよッ』
「え,今から?」
『今からじゃ,だめ…?』
「…ッいい,けど」
『やった,ありがとうッ』
📼📲
あなた

なんか緊張する…

ゆきむら。
あなたさん,こういうのした事あるの?
あなた

ビデオ通話はあんまりしないかな,

あなた

ゆきむらくんはッ?

ゆきむら。
僕は初めてだよ。
ゆきむら。
…普段あんまり人と仲良くできないから
ゆきむら。
…聞いてほしいことがあるんだけど,いいかな?
あなた

…うん,私でよければ聞くよ

ゆきむら。
ありがとう…
ぼくね,


むかしから______