無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

前の話
一覧へ
次の話

第5話

さとみくんの性癖物語 第1話
さとみくん
さとみくん
ねぇねぇあなた〜♪これ買ってきたんだよねぇ〜
あなた
あなた
な……なにこれ?
さとみくんが買ってきたのは……
聴診器(?)だった……
あなた
あなた
ねぇねぇ……聴診器でな……なにするつもり?
さとみくん
さとみくん
え?こうするつもりだけど?
さとみくんは、私の胸の近くに聴診器を当ててきた
あなた
あなた
ひゃっ♡///
さとみくん
さとみくん
胸の近くに聴診器当てただけで感じちゃったのぉ〜?
あなた
あなた
感じてなんかないし///
さとみくん
さとみくん
へ〜けど……聴診器当ててるからね?
あなた
あなた
え?//
さとみくん
さとみくん
聴診器って心臓の音を聞くやつだから‪w‪w‪w
あなた
あなた
あ……///(オワタ)
さとみくん
さとみくん
体は正直だよ?(笑)
さとみくん
さとみくん
聴診器当てただけで感じるとか早漏さん♡
あなた
あなた
は!?べ……別に感じてなんかないし!!!!//
さとみくん
さとみくん
ふふふっ‪w‪wそれはどーかな?‪w
✄-------------------‐✄
主
この小説は
久しぶりですね♡
急にさとみくんの性癖を書きたくなってしまったので‪w
ピエんの極みぃ〜
主
続きあります(    ◜ω◝   )
主
そんじゃ……ばいちゃ〜