無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第31話

第30話
テヒョンside
今日はあなたの様子がおかしい
なんだか体調が悪そうだ
ミュージックバンクの収録の間もずっとあなたを目で追ってしまう
テヒョン
テヒョン
(どんだけあなたが好きなんだよ。俺にはもう、何の資格もないのに。)









"好き"
















ただその感情だけが溢れ出す






BTSのパフォーマンスをし、ぼーっとしてるとあっという間に収録が終わっていた



楽屋に戻ろうとメンバーと歩き出す
すると




バタッ
テヒョン
テヒョン
?!、
嫌な予感がし、音がした方を見る






そこには倒れているあなたがいた








頭が真っ白になった










しかし体が勝手にあなたの方へ動き出した
テヒョン
テヒョン
あなた!!
倒れたあなたを抱き寄せる
テヒョン
テヒョン
あなた!しっかりしろ!
あなた
あなた
?!、て、ひょん?
まだ意識はあるらしく俺の名前を呼ぶ
久しぶりに聞いた俺を呼ぶ声は、か細く、今にも消え入りそうだった
見ないうちに少し痩せた気がする
あなたは涙を流し意識を手放した











テヒョンはあなたをお姫様抱っこし、医務室まで運んだ








テヒョンはあなたをベットに寝かせる








するとあとからジフンがやってきた
ジフン
ジフン
あなたさんは!
テヒョン
テヒョン
寝かせてる
ジフン
ジフン
そう、ですか。
テヒョン
テヒョン
あとは頼んだ。
ジフン
ジフン
っ!テヒョンさん!それでいいんですか?!
その言葉にテヒョンは足を止める
テヒョン
テヒョン
。。。
ジフン
ジフン
テヒョンさんが本当に好きなのはあなたさんですよね!!だったらなんでっ!
テヒョン
テヒョン
俺には!!
ジフン
ジフン
っ!
テヒョン
テヒョン
あなたを好きでいる資格はもう、ないんだ。
ジフン
ジフン
、、、
ジフン
ジフン
僕は本気であなたさんが好きです。
テヒョン
テヒョン
っ!
ジフン
ジフン
でも!僕といてもあなたさんは幸せにはなれない。テヒョンさんじゃなきゃダメなんです!!
テヒョン
テヒョン
っ、、
ガチャッ
ジフン
ジフン
テヒョンさん!
その言葉から逃げるようにしてテヒョンは医務室から出ていった
ーーーーーーーーーー
BTS楽屋
ガチャッ
ジョングク
ジョングク
あ!テテヒョンあなたは?!
テヒョン
テヒョン
熱があって医務室で寝かせてる
ジョングク
ジョングク
そうですか、、
ジミン
ジミン
テヒョン、そばにいなくて良かったの?
テヒョン
テヒョン
ジフンがいる。
ジミン
ジミン
そか、
ユンギ
ユンギ
帰るか。
ナムジュン
ナムジュン
そうですね
ーーーーーーーー
BTSハウス
ホソク
ホソク
疲れたーーー!
ジン
ジン
夜ご飯作るね〜
ナムジュン
ナムジュン
ヒョン、手伝います!
ジン
ジン
ありがとーー
あとのメンバーはそれぞれ部屋へ戻った
ーーーーーーーーーー
テヒョン&ジミンside
※テテとジミンはルームメイトです。
テヒョンは部屋に入るとすぐベットに座り、深いため息をついた。
ジミン
ジミン
。。。
ジミン
ジミン
なぁ、テヒョナ。
テヒョン
テヒョン
ん?。
ジミン
ジミン
あなたと、ずっとこのままでいいの?
テヒョン
テヒョン
。。。
ジミン
ジミン
テヒョナが好きなのは、あなたでしょ?
テヒョン
テヒョン
。。。
ジミン
ジミン
逃げてちゃ何も変わらないよ?
いくら声をかけても、返事もせずただ俯くだけのテヒョン
ジミン
ジミン
テヒョナ?
ジミンは俯いたままのテヒョンの顔を覗く
















するとテヒョンの瞳からは一筋の涙が流れていた
ジミン
ジミン
!?














'
テヒョン
テヒョン
俺、もう、あなたに嫌われたかもっ





そう言うと糸が切れたかのように涙が溢れ出した











ジミンはそっとテヒョンを抱きしめた
ジミン
ジミン
テヒョン、大丈夫だよ。あなたならきっと正直に話したら分かってくれるよ。ね?、
ジミンは安心させるようにテヒョンに微笑みかけた
テヒョン
テヒョン
ありがとうジミン。
俺、頑張る。
ジミン
ジミン
うん、何かあったら言って。
俺ら親友やろ?ㅋㅋ
テヒョン
テヒョン
おう、そやなㅋㅋ























ジミン、ほんとにありがとう。













あなたは俺のこと嫌いかもしれない













でも絶対、諦めたくない。
















もう、逃げたくない。
















だからもう1度ちゃんとあなたと向き合うから





















今度は自分に素直になるから



















あなたに嘘偽りない本当の気持ちを伝える最後のチャンスをください。











(。-ω-。)----------キリトリ線----------(。-ω-。)
作者どす。
ジミン優しすぎかて笑。

いよいよラストが近づいてきましたー。

是非最後まで読んでくださると嬉しいです!

シェア&お気に入りしよう!

この作品をお気に入りに追加して、更新通知を受け取ろう!

あらいぐま
あらいぐま
JK3 バイト漬け 小説とか書けるかな 小説書くの人生初なので色々許してください。 語彙力ください( ˉ ˡˍˉ ) 学生なので投稿は不定期どす。
恋愛の作品もっと見る
公式作品もっと見る