無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第61話

ホワイトデー〜1話〜
テヒョンside
明日は、ついにホワイトデーだ。
そして僕は今ジミンとあなたへのバレンタインのお返しを買いにショッピングモールへやってきた
テヒョン
テヒョン
うーん、何がいいんだろ
ジミン
ジミン
テヒョンは今何が欲しいの?
テヒョン
テヒョン
あなたからのぎゅーとちゅー
ジミン
ジミン
うん、それもいいけど他
テヒョン
テヒョン
えへ、うーん。
テヒョン
テヒョン
お揃いの物?
ジミン
ジミン
お揃いか〜
いいじゃん
ジミン
ジミン
ちなみに何をお揃いにするの?
テヒョン
テヒョン
うーん、服かアクセサリーかな〜
ジミン
ジミン
なるほど、じゃあ最初は服見に行こー
テヒョン
テヒョン
おー


ー服屋ー
テヒョン
テヒョン
お、これ可愛い絶対あなたに似合う
テヒョン
テヒョン
あ、これちょっとセクシーだけどモデルだしスタイルいいから似合いそう
テヒョン
テヒョン
うーんでもちょっと肌出すぎ
ジミン
ジミン
ジミン
ジミン
ねぇテヒョン
テヒョン
テヒョン
ん?
ジミン
ジミン
今探してるのお揃いだよね?
テヒョン
テヒョン
うん
ジミン
ジミン
さっきからあなたに似合う服しか見てないじゃん
テヒョン
テヒョン
いや〜つい。あなた美人だからなんでも似合いそうだね☺️
ジミン
ジミン
うん、そうだけどここ女性服コーナーだからマスクしてメガネかけた男性2人がいたら目立つし怪しいからとりあえず出るよテヒョン
テヒョン
テヒョン
あ、あぁごめん😅
ジミン
ジミン
うん、アクセサリーにしよ
テヒョン
テヒョン
よしっいこー!!
ジミン
ジミン
…(大丈夫かこの子、あなた大好きかよ。)
ーアクセサリー屋ー
ジミン
ジミン
アクセサリーでお揃いといったら指輪とかネックレスとかピアスとかかな?
テヒョン
テヒョン
だね!
テヒョン
テヒョン
うーん、どれにしよ
テヒョン
テヒョン
ピアスは仕事とかで変えなきゃいけない時あるし、指輪は結婚する時にあげたいし…
ジミン
ジミン
(わ、さらっと恥ずかしいこといったな…)
テヒョン
テヒョン
ネックレスにしよ!
ジミン
ジミン
うんそーだね
テヒョン
テヒョン
あなた割とシンプルなのが好きだよな〜
テヒョン
テヒョン
うーん、
ジミン
ジミン
あ、ここにカップル向けのペアネックレスあるよ。
テヒョン
テヒョン
お!
ジミン
ジミン
なんか種類によって意味があるみたいだね
テヒョン
テヒョン
ふーん、なになに?これは…あなたを独占したい
テヒョン
テヒョン
これは…永遠の絆
テヒョン
テヒョン
ほんでこれは…どんなときもいつも一緒
テヒョン
テヒョン
これは、永遠にあなたのもの…
ジミン
ジミン
わー、いっぱいあるね
テヒョン
テヒョン
あ、あと一つあるよ
テヒョン
テヒョン
ーーー…。
テヒョン
テヒョン
…僕これにする
ジミン
ジミン
うん、僕もそれがいいとおもうよ☺️
テヒョン
テヒョン
うん!




ー帰宅ー
テヒョン
テヒョン
あなた明日喜んでくれるかな〜☺️
ジミン
ジミン
きっと喜んでくれるよ
テヒョン
テヒョン
そうだね
ジミン
ジミン
その前に明日会えるの?ㅋ
テヒョン
テヒョン
あ、、LINEしてみる
ーLINEー
テヒョン
テヒョン
あなた〜
テヒョン
テヒョン
明日仕事なに?
あなた
あなた
明日は雑誌の撮影だよ
あなた
あなた
テヒョンは?
テヒョン
テヒョン
僕はMVの撮影〜
あなた
あなた
そうなんだ
テヒョン
テヒョン
明日は絶対あなたに会いたい!!
あなた
あなた
なんで?
テヒョン
テヒョン
え、あ最近会えてないから!
あなた
あなた
そうだね、でもテヒョン忙しいんだから無理しないでね。
テヒョン
テヒョン
それはあなたもでしょ!とりあえず明日逢いに行くから!
あなた
あなた
うん、分かった。
テヒョン
テヒョン
おやすみ!
あなた
あなた
おやすみ
ー終了ー
テヒョン
テヒョン
ふぅ、(よーし!明日の撮影早く終わるように頑張るぞ〜!)



あなたside
テヒョンから突然LINEが来た
仕事の内容を聞かれた時点で期待をしてしまう
あなた
あなた
(だって明日はホワイトデー)
だから絶対に会いたいという言葉で期待が確信へと変わった
分かっていながらも何故か理由を問う
案の定テヒョンは普段感情の読み取りずらいLINEですらも動揺を隠せていなかった
それでも逢いに来てくれるというテヒョンの言葉に勝手にウキウキしながら彼とのLINEは終わった




実は3月に入りホワイトデーが近づく度ソワソワしていた
バレンタインが近づくと男の子がソワソワしているところをよく見かけたが
ホワイトデーが近づくと女の子がソワソワしているところをよく見かけた
バレンタインを思い出すと確かにテヒョンもソワソワしていたかもしれない
そして私も今凄くソワソワしている
アイドルもモデルも普通の人と変わらないところをみると少し嬉しくも思う
あなた
あなた
(テヒョンと付き合ってから小さな幸せが増えたな。)
想像して、期待して、ソワソワするなんてことはテヒョンと付き合う前は絶対になかったことだ
そんな小さな幸せを噛み締めながらあなたは眠りについた

シェア&お気に入りしよう!

この作品をお気に入りに追加して、更新通知を受け取ろう!

あらいぐま
あらいぐま
JK3 バイト漬け 小説とか書けるかな 小説書くの人生初なので色々許してください。 語彙力ください( ˉ ˡˍˉ ) 学生なので投稿は不定期どす。
恋愛の作品もっと見る
公式作品もっと見る