無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第52話

episode2〜番外編〜第13話



あれからしばらくして、サセンもアンチも落ち着き殺害予告も何も起こらなかった。



今日でBGの佐藤さんともお別れだ。
ー事務所にてー
あなた
あなた
今までありがとうございました。
BG(ボディーガード)
こちらこそありがとうございました。
テヒョン
テヒョン
お元気で😊
BG(ボディーガード)
はい。では



なぜかテヒョンが嬉しそうだ
あなた
あなた
なんでニコニコしてんの?
テヒョン
テヒョン
なんでもない♪
あなた
あなた
(明らかに嬉しそうなんだけど)
あなた
あなた
そう
テヒョン
テヒョン
あなた!
あなた
あなた
ん?
テヒョン
テヒョン
明日記念日だね☺️
あなた
あなた
そうだね
テヒョン
テヒョン
デートいこ!
あなた
あなた
そういえば明日二人ともオフだったね。行こっか
テヒョン
テヒョン
やった!
あなた
あなた
どこ行くの?
テヒョン
テヒョン
んー、内緒!
あなた
あなた
内緒なんだ
テヒョン
テヒョン
うん!だから楽しみにしてて!
あなた
あなた
ん、楽しみ😌
テヒョン
テヒョン
じゃあ帰ろっか!
あなた
あなた
うん
テヒョン
テヒョン
ねぇ今日泊まってもいい?
あなた
あなた
いいよ
テヒョン
テヒョン
やった〜!



コンビニに少しより軽く夜ご飯を買って一緒に私の家へ帰った。
ーあなたの家ー
テヒョン
テヒョン
はぁ〜!今日も疲れた〜
あなた
あなた
お疲れ様
テヒョン
テヒョン
膝枕して欲しーなー
あなた
あなた
ん、いいよ
テヒョン
テヒョン
(♥ω♥*)
膝の上で幸せそうにニコニコするテヒョン



つい愛おしくなり頭を撫でる
あなた
あなた
(ずっとこの時間が続けばいいのに)
テヒョン
テヒョン
幸せだな〜、ず〜とこの幸せな時間が続けばいいのに((ボソッ…
あなた
あなた
…!
あなた
あなた
私も((小声
テヒョン
テヒョン
ん?
あなた
あなた
私も同じこと思ってた☺️
つい嬉しくなり微笑みながら言った
テヒョン
テヒョン
そう、なんだ//
テヒョンも照れくさそうに微笑む
テヒョン
テヒョン
じゃあさ、、
あなた
あなた
テヒョン
テヒョン
一緒に住もうよ
あなた
あなた
え、
テヒョン
テヒョン
今はお互い忙しくて引越しする暇ないからBTSハウスになっちゃうけど、一緒に住めばずっと幸せな時間過ごせるし、サセンとかからも俺が守れるから。
テヒョン
テヒョン
だめ、かな?
あなた
あなた
テヒョンと、メンバーがいいなら。//
テヒョン
テヒョン
きっとヒョン達も大歓迎だと思う!
あなた
あなた
じゃあいく。
テヒョン
テヒョン
やった😊
翌日から私はBTSハウスに住むことになった
ーBTSハウスー
あなた
あなた
今日からよろしく
BTS
BTS
よろしくー!
あかり(BTSマネ)
あかり(BTSマネ)
あなたさんと一緒に住めるなんて嬉しいな〜♪
あなた
あなた
私も
ジミン
ジミン
あなた〜〜!
ジョングク
ジョングク
ゲームしよーー
テヒョン
テヒョン
ちょっと!俺のあなた!!
そう言って後ろから抱きついてくるテヒョン
ジョングク
ジョングク
ゲームくらいいいじゃないですか〜
あなた
あなた
(かわいい)
あなた
あなた
テヒョンも一緒にやろ
テヒョン
テヒョン
うん、やる😊
ナムジュン
ナムジュン
切り替え早😅
〜マ○オカートなう〜
テヒョン
テヒョン
あなた見てて、1位になるから😘
あなた
あなた
ん、応援してる。
ジョングク
ジョングク
ヒョンには負けません
テヒョン
テヒョン
俺が勝つ
3
2
1
GO
テヒョン
テヒョン
よっし、スタートダッシュ成功
ジョングク
ジョングク
、、、(集中)
テヒョン
テヒョン
アイテム!
テヒョン
テヒョン
くっそ、バナナかよ!
テヒョン
テヒョン
(現在1位)
ジョングク
ジョングク
(現在2位)
テヒョン
テヒョン
ふっ、ジョングガよ。
追いついてみぃ
ジョングク
ジョングク
、、(集中)
ジョングク
ジョングク
(ジョングク、無言で赤甲羅使用。)
テヒョン
テヒョン
?!、
ジョングク
ジョングク
ふっ
ジョングク
ジョングク
(現在1位)
テヒョン
テヒョン
(現在2位)
テヒョン
テヒョン
くっそ、!
ゴール
テヒョン
テヒョン
負けたぁ😭
あなた
あなた
よく頑張った
テヒョン
テヒョン
あなたや〜😭
あなた
あなた
はいはい
ジミン
ジミン
ㅋㅋ
ジミン
ジミン
次俺もー
あなた
あなた
(楽しい)
楽しい、なんて思えるようになったのもテヒョンがいたから
私はテヒョンを少し見つめる
それに気づいたのかテヒョンも見つめ返してきた
テヒョン
テヒョン
どうした?
なんて言って微笑みかけてくれる



だから私は
あなた
あなた
なんでもない
って言ってこの幸せな時間を噛み締めた
テヒョン
テヒョン
あ、あなた!
あなた
あなた
ん?
テヒョン
テヒョン
18:00からデートだからよろしくね😉
あなた
あなた
あぁ、分かった
ー18:00ー
テヒョン
テヒョン
行こっか!
あなた
あなた
うん
ジン
ジン
あんま遅くなるなよー
テヒョン
テヒョン
はーい
ガチャ
テヒョン
テヒョン
ふー、やっと二人きりだぁ〜
あなた
あなた
そうだね
あなた
あなた
どこへ行くかは教えてくれないんだっけ?
テヒョン
テヒョン
うん😊
テヒョン
テヒョン
すぐつくから!
しばらく歩くとテヒョンの足がゆっくりと止まる
あなた
あなた
ここって、、
テヒョン
テヒョン
そう!ここ行きたかったんだ
記念日に
あなた
あなた
いつものカフェ、、
テヒョンについて行ってたどり着いた場所は思い出深いテヒョンと仲良くなったきっかけでもあるあのカフェだった。
テヒョン
テヒョン
中入ろ!
あなた
あなた
う、うん
カランカラン
カフェスタッフ
いらっしゃいませ
テヒョン
テヒョン
キムテヒョンです
カフェスタッフ
お待ちしておりました
カフェスタッフ
こちらへどうぞ
席に案内される
あなた
あなた
(?、なんかいつもと違う?)
カフェスタッフ
では早速ご用意しているものをお持ちします
テヒョン
テヒョン
お願いします
あなた
あなた
、、ここってこうゆうお店だったっけ?
テヒョン
テヒョン
俺が予約して頼んでおいたの
あなた
あなた
え、、ありがとう
テヒョン
テヒョン
😊
カフェスタッフ
失礼致します
次々と美味しそうな料理が運ばれてくる。
あなた
あなた
(高級レストランみたい)
カフェスタッフ
ごゆっくり
美味しい料理に感動しながらも今日ここへ来た理由を尋ねる
あなた
あなた
どうしてここに?
テヒョン
テヒョン
ここって俺とあなたの特別なカフェでしょ?
あなた
あなた
うん、(覚えてたんだ)
テヒョン
テヒョン
だからね、今日の記念日にここに2人で行きたかったんだ。
テヒョン
テヒョン
高級レストランもいいなって思ったけど、俺はこの2人の特別なカフェでお祝いしたいなと思ったんだ😄
あなた
あなた
テヒョン、。
嬉しすぎて涙がこぼれ落ちる
テヒョン
テヒョン
なんで泣くのー?😣
あなた
あなた
ごめっ、嬉しすぎて。
テヒョン
テヒョン
、、そっか良かった☺️
あなた
あなた
テヒョンにはかなわないな。
テヒョン
テヒョン
あったりまえーー
あなた
あなた
もう、☺️
テヒョン
テヒョン
よーし最後のデザート持ってきてもらおー
あなた
あなた
デザートまであるんだ
テヒョン
テヒョン
うん!
すると突然お店の電気が一斉に消えた
バッ
あなた
あなた
?!、
あなた
あなた
停電?
テヒョン
テヒョン
あなた
テヒョンの声を頼りにテヒョンの方をむく
あなた
あなた
テヒョン?
今度は電気が一斉つく


電気がついて見えたのは大きな薔薇の花束を持ったテヒョンだった。
あなた
あなた
え、
テヒョン
テヒョン
あなた、こんな俺にずっとついてきてくれて、どんなときもそばにいてくれてありがとう。
テヒョン
テヒョン
愛してます。
そう言ってテヒョンは私に薔薇の花束を渡した。
あなた
あなた
テヒョンっ、
泣きそうになりながらも花束にみとれていると
テヒョンは私の左手を優しく持ち上げ薬指に何かをはめた
あなた
あなた
ゆ、びわ。
テヒョン
テヒョン
俺と結婚してください。
その言葉を聞いた瞬間抑えていた涙が一気にこぼれ落ちた
震える声で必死に返事をする。
あなた
あなた
はい。//
テヒョン
テヒョン
やったぁー!!!
そう言って緊張が解けたのか私に抱きついてくる
テヒョン
テヒョン
ありがとう、あなた。
そう言ったテヒョンの声も震えていた
あなた
あなた
(泣いてる?)
テヒョンの幸せな涙を見たくてテヒョンから離れようとする
テヒョン
テヒョン
待って!、まだ。
泣き顔を見られたくないのか離してはくれなかった
あなた
あなた
(はっ、ここカフェ、)
我に返り周りを見渡すと他のお客さんもカフェのスタッフさんもこのことを知っていたのか拍手で祝ってくれていた
あなた
あなた
テヒョン、そろそろ
テヒョン
テヒョン
あ、ごめん
あなた
あなた
ううん
席に着くとデザートが運ばれてきた
あなた
あなた
美味しいね
テヒョン
テヒョン
うん😊
満足そうに微笑むテヒョン
あなた
あなた
(愛おしい)
心からそう思った
テヒョン
テヒョン
今日はありがとうございました
カフェスタッフ
いいえ、お役に立てて嬉しいです。
どうかお幸せに。
またのご来店をお待ちしております。
テヒョン
テヒョン
ありがとうございます😊
あなた
あなた
また来ます
そう言ってお店を出た
あなた
あなた
そう言えばお会計は?
テヒョン
テヒョン
先に済ませた
あなた
あなた
(どこまでカッコイイんだ。)
あなた
あなた
そっか
手を繋ぎながら歩く帰り道。
あなた
あなた
(あ、私からは愛してるって言ってなかった。)
普通に言うんじゃなんか嫌だったので、思い切った行動をした。
あなた
あなた
テヒョン
テヒョン
テヒョン
ん?
chu
テヒョン
テヒョン
ん?!
あなた
あなた
愛してます。
テヒョン
テヒョン
。。。///
テヒョンは今世紀最大のレベルで照れた
テヒョン
テヒョン
あなた、ずるい///
あなた
あなた
テヒョンだって
テヒョン
テヒョン
でもそこも愛してるっ😍
あなた
あなた
ふふ、ありがとう😊
ありがとう、冷酷だった私を愛してくれて。
ありがとう、反日だった俺を愛してくれて。










2人))ずっとずっと、愛してます。







fin.















(。-ω-。)----------キリトリ線----------(。-ω-。)
作者どす。
やーーっと終わりましたね。


だらだら続けた上に更新速度遅くて申し訳ないです😭😭


ここまで読んでくださった皆様、本当にありがとうございました!!


世の中のナムジャの皆さん。もうすぐクリスマスです。サプライズ準備頑張ってください笑


私はテヒョンにされt))すみません。



新作出します!

ここで報告するかもなのでまだ☆は外さずに😘


では!アンニョン(^^)/

シェア&お気に入りしよう!

この作品をお気に入りに追加して、更新通知を受け取ろう!

あらいぐま
あらいぐま
JK3 バイト漬け 小説とか書けるかな 小説書くの人生初なので色々許してください。 語彙力ください( ˉ ˡˍˉ ) 学生なので投稿は不定期どす。
恋愛の作品もっと見る
公式作品もっと見る