無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第27話

第26話
テヒョンside
収録が終わりテヒョンはすぐにヨヌを呼び出した
ヨヌ
ヨヌ
どうしましたか?
まるで最初から何もかも分かっていたかのような笑みを浮かべる
テヒョン
テヒョン
お前と付き合うから、あなたにはもう手を出すな。
ヨヌ
ヨヌ
やっと、分かりましたか?ニヤッ
テヒョン
テヒョン
あぁ、
ヨヌ
ヨヌ
よろしくお願いします♡
テヒョン
テヒョン
っ、、
ヨヌ
ヨヌ
あ、あなたさんとはもう話さないでくださいね♡
テヒョン
テヒョン
分かった。
ヨヌ
ヨヌ
ふふっ♡
ヨヌ
ヨヌ
(やっと、私のモノに、、)










'
テヒョン
テヒョン
(これでいいんだ。これで、)






'
ヨヌ
ヨヌ
では、もう時間なので行きますね!今度デートしましょっ♡
テヒョン
テヒョン
うん、分かった
テヒョンも楽屋へ戻った
ガチャッ
ジミン
ジミン
あ!テヒョン!
どこに行ってたの?
テヒョン
テヒョン
ちょっと、
メンバーの顔を見ると抑えていた感情が溢れ出てしまいそうになり涙が出そうになった
ジョングク
ジョングク
テテヒョン?
テヒョン
テヒョン
あのさ、俺、ヨヌと付き合った。
ジミン
ジミン
え?、
ジン
ジン
(あれ?、テヒョンが好きなのはあなたじゃ、)
ジョングク
ジョングク
なんでですか?
テヒョン
テヒョン
好き、だから
その"好き"には一切感情がこもっていないように見えた
ジミン
ジミン
そっか、
ジミン
ジミン
テヒョンは、それでいいの?




















'
テヒョン
テヒョン
(本当は、嫌だ。でも、)





'
テヒョン
テヒョン
うん






そう言うしかなかった。

シェア&お気に入りしよう!

この作品をお気に入りに追加して、更新通知を受け取ろう!

あらいぐま
あらいぐま
JK3 バイト漬け 小説とか書けるかな 小説書くの人生初なので色々許してください。 語彙力ください( ˉ ˡˍˉ ) 学生なので投稿は不定期どす。
恋愛の作品もっと見る
公式作品もっと見る