無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第25話

第24話
最近、なんかおかしい。
前よりイタズラが増えた気がする
イタズラは少しあって慣れてはいたが最近それが増えて困っている。
あなた
あなた
(あ、私のペンがない。)
そう気づき、周辺を探す。
あなた
あなた
(あ、あった。)
あなたのペンはゴミ箱の中に入っていた
あなた
あなた
(はぁ、なんなの。)
最近こんなのがずっとだ
あなた
あなた
(ほんと面倒。)
今日の仕事は写真集の撮影
音楽番組のおかげか最近さらに人気が上昇し、写真集を出すことになった
今あなたが着ている衣装は、大きめの白いシャツとセクシーな感じだ。
あなた
あなた
(こんなの、テヒョンに見られたくない)
スタッフ
あなたさん!撮影しますので準備お願いします!
あなた
あなた
はい
写真集の撮影が始まった
あなたはどんどんポーズを決めていく
カメラマン
うんいいねー!
どんどんシャッターが切られていく
カシャカシャ📸
ふと、カメラの向こうを見ると
あなた
あなた
、?!
なぜかBTSがあなたの撮影の見学をしていた
その中にはもちろんテヒョンもいる
衣装の恥ずかしさよりも、テヒョンに会えたことが嬉しくて
テヒョンと目が合うと自然と微笑んでしまった
テヒョン
テヒョン
っ////。
テヒョンの顔が赤くなった気がした
テヒョン
テヒョン
(反則だよ。。)












BTSに見守られながら今日の撮影が終了した






BTSの元へ駆け寄る
あなた
あなた
どうしてここに?
一緒に楽屋に戻りながら話をする
ナムジュン
ナムジュン
俺たちも今日ここで撮影なんだ!
ジン
ジン
そうそう、それで撮影まで暇でさ〜
ジョングク
ジョングク
スタッフの人からあなたが撮影してるって聞いて
ジミン
ジミン
テヒョンが行きたい!って言ったから見学しにきた!
あなた
あなた
テヒョンが?
テヒョン
テヒョン
うん!だって、最近会えてないから会いたくて!
あなた
あなた
っ//。そか。
あなた
あなた
(テヒョンも同じ事思ってくれてたんだ)
楽屋到着
ホソク
ホソク
ねぇ!まだ時間あるからあなたの楽屋にいていい?
あなた
あなた
うん、別にいいよ
ジン
ジン
やったー
ユンギ
ユンギ
俺寝る。
あなた
あなた
ほんと自由ですね。
コンコンッ
あなた
あなた
?、はい
???
失礼します
???
あなたさん、ファンレターが届いてます
あなた
あなた
あー、ありがとうございます
???
失礼しました
あなた
あなた
(ファンレター?、ファンレターならさっき箱で貰ったけど。)
あなた
あなた
(これだけ別で?、まぁ後から届いたか落としてたかだよね。)
考え事をしてぼーっとしてると
テヒョン
テヒョン
どーしたの?
あなた
あなた
ん?ううん、なんでもない
そう返事してファンレターを開ける
中身を確認しようと手を入れる
すると
あなた
あなた
?!、
突然指先に痛みが走り驚いて手紙を落とす
テヒョン
テヒョン
??、どうした?
あなた
あなた
いや、
中身を確認するために手紙を拾い中を覗く
あなた
あなた
カッターの刃、、
テヒョン
テヒョン
え?、
テヒョン
テヒョン
あなた、指切れてる
あなた
あなた
うん、少し切っただけだから
するとテヒョンはあなたの切れてしまった指を口にそっと近づけ




チュッ




キスをした
あなた
あなた
は?!//
テヒョン
テヒョン
血が出てたから
あなた
あなた
そんなのティッシュかなんかで、
テヒョン
テヒョン
俺持ってない
あなた
あなた
~~~っ//(ほんと調子狂う。)
テヒョン
テヒョン
ジミン!
ジミン
ジミン
ん?
テヒョン
テヒョン
絆創膏持ってる?
ジミン
ジミン
うん!、怪我でもしたの?
テヒョン
テヒョン
あなたが指切った
ジミン
ジミン
大丈夫?、はい、絆創膏!
あなた
あなた
うん、大丈夫。
ありがとう
ジミン
ジミン
何で切っちゃったの?
あなた
あなた
ファンレターの中にカッターの刃が入ってて
ジミン
ジミン
え?!、なんでカッターの刃なんか、
あなた
あなた
分からない。ただ、
ジミン
ジミン
ん?
あなた
あなた
最近イタズラが頻繁にあって、同じ人かもね
ジミン
ジミン
そうなんだ、大丈夫?
あなた
あなた
うん、まぁ大丈夫
ジミン
ジミン
そか、何かあったら言って!LINEとかでも!
あなた
あなた
ありがとう
ジミン
ジミン
うん😊
ジミンとあなたの会話を聞いていたテヒョンは黙ってうつむいていた










"私と付き合わなければ、あなたさんを、いじめます。"







テヒョン
テヒョン
(あれ、単なる脅しじゃなくて本気だったのか。)
テヒョン
テヒョン
(俺のせい、、か)
あなた
あなた
テヒョン?
テヒョン
テヒョン
、、
あなた
あなた
テヒョン!
テヒョン
テヒョン
?!、ん?
あなた
あなた
どうしたの、俯いて。
テヒョン
テヒョン
あ、ううん、なんでもない!
あなた
あなた
そう、、
テヒョンの表情が少し曇ったように見えた
あなた
あなた
(私だってテヒョンの表情の変化くらい分かる。)

















'
あなた
あなた
(テヒョンは何か隠してる?)

シェア&お気に入りしよう!

この作品をお気に入りに追加して、更新通知を受け取ろう!

あらいぐま
あらいぐま
JK3 バイト漬け 小説とか書けるかな 小説書くの人生初なので色々許してください。 語彙力ください( ˉ ˡˍˉ ) 学生なので投稿は不定期どす。
恋愛の作品もっと見る
公式作品もっと見る