無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第2話

第1話
今日はBTSというグループとコラボで撮影をするらしい。
私はBTSよりも先に入りカメラマンさんと今日の撮影について話していた。
カメラマンさんは韓国人だが、あなたのことを受け入れてくれている。
あなた
あなた
本日はよろしくお願いします。
カメラマン・スタッフ
よろしくお願いします。
スタッフ
BTSさん入られまーーす
どうやらBTSが来たようだ。
彼らも、反日かもしれない。
BTS
BTS
どぅーせっ ばん!たん!あんにょんはせよ!ばんたんそにょんだんいむにだ!
しかしコラボなので挨拶しなくてはならない
まだ慣れぬ韓国語で挨拶をしにいく
あなた
あなた
こんにちは、モデルのあなたです。本日はよろしくお願いします。
BTS
BTS
(日本人、、、)
BTS
BTS
よろしくお願いします。
あなた
あなた
(彼らも反日か、、、この冷たい視線・態度から分かる。でも大丈夫。私は強い。)
あかり(BTSマネ)
あかり(BTSマネ)
ちょっと💦皆さん態度悪いですよ!あなたさんが日本人なのは私と同じで、あなたさんはトップのモデルさんです!そんな態度をとっては失礼ですよ!!
ジン
ジン
え〜、あかりは特別だもん!
ギュ))バックハグ
ジミン
ジミン
そうだよ!!
あかり(BTSマネ)
あかり(BTSマネ)
ちょっ、離してください💦
ホソク
ホソク
僕も僕もーーー
ギュ))
あなた
あなた
(まるで私は空気ね)
あなた
あなた
では、挨拶しに来ただけなので。失礼します。
あかり(BTSマネ)
あかり(BTSマネ)
あ!待ってください!
マネさんの言葉も聞かぬふりをして私はその場から去った。

シェア&お気に入りしよう!

この作品をお気に入りに追加して、更新通知を受け取ろう!

あらいぐま
あらいぐま
JK3 バイト漬け 小説とか書けるかな 小説書くの人生初なので色々許してください。 語彙力ください( ˉ ˡˍˉ ) 学生なので投稿は不定期どす。
恋愛の作品もっと見る
公式作品もっと見る