無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第50話

episode2〜番外編〜第11話
BG(ボディーガード)
ボディーガードの佐藤です。
よろしくお願いします
あなた
あなた
よろしくお願いします
BGさんとの挨拶を済ませ早速BTSハウスに向かう



BGさんは私にピッタリくっつきいつ何が起こっても守れるようにしている
あなた
あなた
(これはBTSハウスに着いた瞬間勘違いされそうだ。)



なんて思っているうちにBTSハウスに到着した
ピーンポーン
???
はーーい
ガチャ
テヒョン
テヒョン
あなたーーーー!
テヒョンが元気よく玄関のドアをあける
あなた
あなた
あ、テヒョン
テヒョン
テヒョン
あなた、その男の人は誰?
あなた
あなた
え?、あぁ
あなた
あなた
(やっぱり勘違いされた?)
あなた
あなた
この人は、
テヒョン
テヒョン
あなた、浮気してたの?
あなた
あなた
は?
テヒョン
テヒョン
あなた
あなた
いやちが
テヒョン
テヒョン
俺はあなたのこと大好きなのに。
あなた
あなた
え、ちょっと!
そう言って家の中に入ってしまった



鍵はかけていないみたいなので私達も中へ入った
ジン
ジン
あ、いらっしゃい
ジミン
ジミン
ああなた
ジョングク
ジョングク
今ものすごい勢いでテテヒョンが自分の部屋に行ったけど何事?
あなた
あなた
あー勘違い
ジミン
ジミン
あれ?その男の人は?まさか、、
あなた
あなた
違うから、BGだから
ジミン
ジミン
あー、なるほどㅋㅋ
あなた
あなた
うん、ちょっとテヒョンのところ行ってくる
あなた
あなた
佐藤さんここにいて
BG(ボディーガード)
はい








ーテヒョンの部屋の前ー
あなた
あなた
テヒョン
テヒョン
テヒョン
、、、
声をかけるがなんの返事もない
あなた
あなた
私の話を聞いて
あなた
あなた
私浮気してないから
あなた
あなた
あの人BGだから
テヒョン
テヒョン
、、、え?
あなた
あなた
開けていい?
テヒョン
テヒョン
、、うん
ガチャ
ドアを開けるとそこには涙を流しているテヒョンがいた



そんな姿を見て愛おしくなり、テヒョンをそっと抱きしめる


ギュッ
テヒョン
テヒョン
っ、。
あなた
あなた
テヒョン
あなた
あなた
私が好きなのはテヒョンだけだよ。
テヒョン
テヒョン
ほんとに?
あなた
あなた
うん
テヒョン
テヒョン
よかった
あなた
あなた
ちゃんと私の話聞いてね
テヒョン
テヒョン
ごめん、あなたが他の男の人といるところを見てつい嫉妬しちゃって、
あなた
あなた
そう//
テヒョン
テヒョン
ねぇあなた、
あなた
あなた
ん?
テヒョン
テヒョン
あなたは俺だけ見ててよ
テヒョン
テヒョン
この先もずっと
あなた
あなた
言われなくても見てるよ//
テヒョン
テヒョン
あ、照れてる
あなた
あなた
うるさい
テヒョン
テヒョン
好き、大好き
あなた
あなた
//、私も



テヒョンにバックハグをしていたことに今気づき、恥ずかしくなり離れようとする
グイッ
しかし、テヒョンに腕を引っ張られ今度はテヒョンから抱きしめられた
あなた
あなた
ちょっと
テヒョン
テヒョン
なに
あなた
あなた
はなれてよ
テヒョン
テヒョン
やだ
あなた
あなた
早くみんなのところに
テヒョン
テヒョン
行かなくていい
あなた
あなた
私話があってきたのに
テヒョン
テヒョン
俺だけ聞く
あなた
あなた
そーゆーわけにも
テヒョン
テヒョン
じゃあ今だけ、俺がいいって言うまで
あなた
あなた
それだといつ終わるか
テヒョン
テヒョン
いいの、離してあげなーい
あなた
あなた
もう
あなた
あなた
夜遅くなっちゃうし早くみんなの所行こ
テヒョン
テヒョン
えぇ、じゃあキスして
あなた
あなた
はい?
テヒョン
テヒョン
なに、やなの?
テヒョン
テヒョン
あなただってしたいくせに
あなた
あなた
う、うるさい///
テヒョン
テヒョン
ねぇはやく
あなた
あなた
分かったから、目瞑って//
テヒョン
テヒョン
はい
chu♡
あなた
あなた
早く行くよ//
テヒョン
テヒョン
はーい(*´˘`*)♥
こうして誤解はとけ仲直りした






(。-ω-。)----------キリトリ線----------(。-ω-。)

作者どす。


テヒョンドS化笑笑


どうですか?ドキドキしました??

シェア&お気に入りしよう!

この作品をお気に入りに追加して、更新通知を受け取ろう!

あらいぐま
あらいぐま
JK3 バイト漬け 小説とか書けるかな 小説書くの人生初なので色々許してください。 語彙力ください( ˉ ˡˍˉ ) 学生なので投稿は不定期どす。
恋愛の作品もっと見る
公式作品もっと見る