無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第40話

episode2〜番外編〜第2話
今日はミュージックバンクの撮影日
先週はいなかったが今週はBTSも出演する
久しぶりにテヒョンに会えるということもありワクワクしていた
あなた
あなた
(楽屋挨拶の時に会えるかな)
そう思い、すぐにでも会いたかったあなたはBTSの楽屋へ向かった
〜BTS楽屋前〜
あなた
あなた
、、。
ノックをするのに少し緊張する
コンコン
ナムジュン
ナムジュン
はーい
ガチャッ
あなた
あなた
失礼致します。
挨拶にまいりました
ジン
ジン
お、あなた!
あなた
あなた
本日はよろしくお願いします
そう言ってペコりと頭を下げる











すると
















ギュッ
あなた
あなた
?!
テヒョン
テヒョン
あなた!会いたかった〜
あなた
あなた
私も
ジミン
ジミン
ちょっとーー、イチャイチャしないでよ〜内緒なんでしょ?
テヒョン
テヒョン
だって今メンバーしかいないし
ジミン
ジミン
楽屋挨拶来たらどーすんのーー
コンコン
ジミン
ジミン
ほらきた
さすがにまずいので、あなたとテヒョンは1度距離を置いた
ナムジュン
ナムジュン
はーい
ワナワン
ワナワン
失礼致しまーす!
ワナワン
ワナワン
ワナワンでーす、よろしくお願いします!
ジフン
ジフン
あれ?あなたさん?
あなた
あなた
あ、
ジフン
ジフン
どうしてここに?
あなた
あなた
私も楽屋挨拶
ジフン
ジフン
あー、そうなんですね!
戻らないんですか?
あなた
あなた
あー、戻るよ
ジフン
ジフン
じゃあ行きましょ!
そう言ってジフンはあなたの腕をつかみドアまで連れていく
あなた
あなた
あ、
ワナワン
ワナワン
失礼しましたー
あなたはテヒョンの方を振り返った
テヒョン
テヒョン
、、。
テヒョンは少し悲しい顔をしていた
しかし、ここにずっといては怪しまれてしまうので我慢するしかない
あなた
あなた
(やっと会えたのに、)












テヒョンと思いは通じ合ったが触れることが出来ないのはすごくもどかしい














そしてヨヌにも付き合ったことを言ってないからきっとテヒョンの元へ来るだろう
























そう考えるだけで、テヒョンがまたヨヌの元へ行ってしまうのではないかと不安になった














テヒョンside
テヒョン
テヒョン
、、。
ジミン
ジミン
テヒョン、今はしょうがないよ
テヒョン
テヒョン
うん、。








あなたはジフンに連れていかれてしまった
















ほんとだったら、すぐにでも自分の方にあなたを引き寄せて

















あなたは俺のだって言って抱きしめたかった


















でも、問題を解決出来ていない今あなたと中途半端な関係にはなりたくない
















もし、あなたがジフンの元へ行ってしまったら














そう考えるだけで、不安で仕方ない




















一刻も早く問題を解決して、あなたを思いっきり抱きしめたい




























'
テヒョン
テヒョン
待っててね、あなた

シェア&お気に入りしよう!

この作品をお気に入りに追加して、更新通知を受け取ろう!

あらいぐま
あらいぐま
JK3 バイト漬け 小説とか書けるかな 小説書くの人生初なので色々許してください。 語彙力ください( ˉ ˡˍˉ ) 学生なので投稿は不定期どす。
恋愛の作品もっと見る
公式作品もっと見る