無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第17話

第16話
あなたは急いでBTSの楽屋に向かう






ガチャッ))



ノックをせずに中に入る。







'
そこにいたのはボロボロになったあかりとあなたのモデルの後輩だった。
あなた
あなた
あなた達、何をしているの?
後輩A
っ!ち、違うんです!
後輩B
私達が来た時にはもうボロボロでっ
あなた
あなた
私に嘘をつくの?
後輩A
つ、ついてません!
あなた
あなた
この目でしっかりみたから。
後輩B
。。。
後輩達は青ざめて何も言えなくなっている
あなた
あなた
(そんなことよりあかりのもとへ。)
あかりのもとへ行こうとした瞬間、楽屋のドアが開いた。
ガチャッ))
ジョングク
ジョングク
あー、疲れたーー
ジミン
ジミン
やっと帰れるーー
ジン
ジン
?、あれ?あなたちゃん?
あなた
あなた
(なんてタイミング。)
ジョングク
ジョングク
ちょっと!あかり!どうしたの?!
ジミン
ジミン
あかり?!
BTS
BTS
?!
ホソク
ホソク
あかり!大丈夫か?!
あかり(BTSマネ)
あかり(BTSマネ)
は、い。
ナムジュン
ナムジュン
誰がこんなことを。。
今の状況を説明しようと口を開く
後輩B
っっ、
後輩A
あなたさん、(((ボソ
あなた
あなた
(は?)
ナムジュン
ナムジュン
その後輩はゆっくりあなたを指差してもう一度言った。
後輩A
あなたさんです。。
BTS
BTS
?!
あなた
あなた
。。。
一斉に視線が集まる
あなた
あなた
(はぁ、ほんと面倒。)
あなたは自分ではないと否定しようとした。










でもそれは、出来なかった。
ジョングク
ジョングク
だからあかり以外の日本人は信じられないんだ。(((ボソ
あなた
あなた
っっ、、
BTSの顔を見てみる。皆疑いの目をしていた。
あなた
あなた
(あぁ、そっか、ここには信じてくれる人なんていなかった。味方なんて、、)



こんなこと慣れているのに、なぜか、今までのどんな酷いことより数倍辛く感じた。
























あなた
あなた
私が、やった。








真実を知る、あかりと後輩は目を見開いた。





あかりは何か言おうとしたがそんな力は残ってないらしく。ただ、涙を流していた。











真実を言えないあなたも悔しくて、今にも涙が溢れ出てしまいそうだった。
あなた
あなた
(ここで、泣いてはいけない。)
耐えられなくなったあなたは、楽屋から出ていった。











next真実→

シェア&お気に入りしよう!

この作品をお気に入りに追加して、更新通知を受け取ろう!

あらいぐま
あらいぐま
JK3 バイト漬け 小説とか書けるかな 小説書くの人生初なので色々許してください。 語彙力ください( ˉ ˡˍˉ ) 学生なので投稿は不定期どす。
恋愛の作品もっと見る
公式作品もっと見る