無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第28話

第27話
あれからテヒョンとは会っていない
あなたはあの時の"ごめん"の意味をどうしてもテヒョンから聞きたかった
どうやら今日はBTSがあなたの雑誌の撮影をしている階の上の階でMVの撮影をしているらしい
あなた
あなた
(すごい偶然。)
あなたはテヒョンに会えるチャンスだと思い撮影の休憩時間に廊下へ出てウロウロしていた










すると丁度、休憩なのかドアからテヒョンが出てきた
あなた
あなた
(あ。いた。)
つい嬉しくなり、駆け寄る。







.
あなた
あなた
テヒョン!
テヒョン
テヒョン
っ!、
テヒョン
テヒョン
なんで、ここに、、
あなた
あなた
あ、雑誌の撮影で
あなた
あなた
それよりこの前の、
テヒョン
テヒョン
もう
あなた
あなた
テヒョン
テヒョン
もう、話しかけないでくれる?
あなた
あなた
え?、
テヒョン
テヒョン
日本人とはもう話したくない。
あなた
あなた
、どうして?
テヒョン
テヒョン
俺、ヨヌと付き合ったから




頭が真っ白になった。




テヒョン
テヒョン
じゃあ





そう言ってテヒョンは立ち去った










テヒョンはどんどん離れていく




















しかし、呼び止めることは出来なかった





























もう、身も心もボロボロでテヒョンが離れて行ってしまった今どうしたらいいか分からなくなった









涙すら出ない。

















結局"ごめん"の意味は分からないまま

シェア&お気に入りしよう!

この作品をお気に入りに追加して、更新通知を受け取ろう!

あらいぐま
あらいぐま
JK3 バイト漬け 小説とか書けるかな 小説書くの人生初なので色々許してください。 語彙力ください( ˉ ˡˍˉ ) 学生なので投稿は不定期どす。
恋愛の作品もっと見る
公式作品もっと見る