無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第59話

バレンタイン〜3話〜


今日はついにバレンタインデー
運が良いことに隣の楽屋はBTSだ
あなた
あなた
(最近運が良すぎて怖い)
今日はあなた・BTS・Wanna One・MOMOLANDの撮影日
あなたとBTSの休憩がかぶった時が渡すチャンスだ
あなた
あなた
(あぁ、撮影より緊張する。)
仕事があるにも関わらず頭の中はテヒョンに渡す時のシミュレーションばかり浮かんだ








ーーーーーーーーーーーーーーーー


撮影が半分終わり休憩に入る
渡す時が近づくにつれ脈が早くなる
ドキドキしつつ楽屋に戻るため廊下を歩いていると
もう1つのスタジオで撮影をしていたBTSが反対から楽屋に向かって歩いてきた
なるべく見ないようにして表情に出さないよう歩いていると
次撮影するMOMOLANDが楽屋から出てきた
モモランド
モモランド
あ、お疲れ様です
BTS
BTS
ありがとう
頑張って〜
モモランド
モモランド
はーい
ヨヌ
ヨヌ
あ!テヒョンさん!
テヒョン
テヒョン
ん?
ヨヌ
ヨヌ
これ、バレンタインチョコです♪
テヒョン
テヒョン
お、ありがとう😁
あなた
あなた
(あぁ、見たくなかったな)
偶然ヨヌがテヒョンにチョコを渡しているところを見てしまった
こころなしか嬉しそうにしているテヒョンを見て胸を締め付けられた
ぼーっと歩いていると次はWanna Oneが出てきた
ジフン
ジフン
あ!あなたさん!
あなた
あなた
ジフンの声でこちらを見たテヒョンと目が合ってしまった
なんとなくテヒョンの顔が見れなくてすぐにそらしてしまった
ジフン
ジフン
チョコください😊
あなた
あなた
はいはい
あなた
あなた
待ってて
ジフン
ジフン
はーい
ワナワン
ワナワン
ジフン先行ってるぞ
ジフン
ジフン
はい!
楽屋に置いてあるチョコを取りジフンに渡す
あなた
あなた
はいこれ
ジフン
ジフン
ありがとうございます!!
ジフンは嬉しそうにチョコの入った紙袋を抱えスタジオに向かった



これで残るはBTSのみとなった
BTS
BTS
あなたお疲れ〜
あなた
あなた
お疲れ様
なんとか頑張ってテヒョンの方を見る
あなた
あなた
っ、
さっきは嬉しそうにしていたテヒョンの表情は今は少し悲しそうだった
あなた
あなた
(もしかして今の見て、妬いてくれた?)
少しの間目を合わせたがテヒョンの方が先に目を逸らした
テヒョン
テヒョン
僕トイレ行ってくる
ジミン
ジミン
行ってらっしゃい
テヒョンがトイレに行くとジミンが私の顔をのぞき込みながら心配そうに話しかける
ジミン
ジミン
テヒョンにチョコ渡さないの?
ジミン
ジミン
テヒョン楽しみにしてたけど
あなた
あなた
渡すよ
あなた
あなた
でも先に皆に渡すね
あなた
あなた
ちょっと待ってて
私は楽屋に取りに行きテヒョン以外のメンバーにチョコを渡した
あなた
あなた
はい、いつもありがとうございます
BTS
BTS
おぉー
ジミン
ジミン
ありがとう♪
ジョングク
ジョングク
ホワイトデーバナナキックあげる
ジン
ジン
わぁー美味しそう
ありがとね!
ナムジュン
ナムジュン
( •8• ) Thank you!
ホソク
ホソク
おおぉ!!
ありがとう!!😆
ユンギ
ユンギ
ありがとな
皆それぞれお礼を言い楽屋に入ってった


楽屋の前に残された私は残り一つの皆とは違う紙袋に入ったチョコを見つめる
あなた
あなた
(あとはテヒョンか…)
あなたは壁にもたれながらテヒョンが戻ってくるのを待った




ーーーーーーーーーーーーーーーー


テヒョンside


僕はトイレと嘘をつき誰も通らない廊下の壁にもたれかかった
テヒョン
テヒョン
はぁ、
ジフンにあげたチョコは義理だということくらい分かっている
でも、目の前で渡すのを見てしまうと嫉妬でどうにかなりそうだ
ふと下を向くとヨヌから貰ったチョコレートが目に入った
よく見ると高級なブランドが出しているチョコレートだった
テヒョン
テヒョン
(これを見てあなたも妬いてくれたかな)
テヒョン
テヒョン
僕が欲しいのは一つだけなのに…
そうつぶやき楽屋へ足を向けた



ーーーーーーーーーーーーーーーー
しばらく待っているとテヒョンが戻ってきた
あなた
あなた
テヒョン
俯きながら歩いてくるテヒョンに声をかける
テヒョン
テヒョン
え、あなた?
あなた
あなた
私は何も言わずテヒョンの腕を引っ張り楽屋に入れた
テヒョン
テヒョン
え、ちょ、あなた?
テヒョン
テヒョン
ど、どうした?
俯く私に戸惑うテヒョン
下を向いていると先程ヨヌが渡していたチョコレートが目に入った
それはもちろんブランド物で高そうなチョコレートだった
私は後ろに隠した手作りのチョコが入った紙袋をギュッとにぎる
あなた
あなた
(ほんとにこれでいいのかな)
一瞬迷いが出たがふとあかりの言葉が頭をよぎった
"手作りが1番気持ちが伝わると思うよ"
このチョコレートでテヒョンに伝わるだろうか
あなた
あなた
(いや、伝わらないなら言葉で言えばいい。)
私はゆっくり深呼吸しテヒョンに向き合う
テヒョン
テヒョン
そして後ろに隠していたチョコレートをテヒョンの前に突き出した
テヒョン
テヒョン
?!、これは、
あなた
あなた
バレンタイン
テヒョン
テヒョン
あ、ありがとう😊
ほんとに嬉しそうに微笑むテヒョン
テヒョン
テヒョン
え?!手作り?!
あなた
あなた
そんな驚く?
テヒョン
テヒョン
だって、ジフンにはブランド物の、
あなた
あなた
テヒョンのは"本命"だから
テヒョン
テヒョン
っ///
あなた
あなた
사랑해요サランヘヨ//
テヒョン
テヒョン
っ//////
テヒョン
テヒョン
はぁ〜///ずるい、
テヒョン
テヒョン
俺も愛してる//
あなた
あなた
っ、///
昨日の電話のお返しにドキドキさせようとしたものの結局ドキドキさせられてしまった
あなた
あなた
(テヒョンの方がずるい///)
テヒョン
テヒョン
わ、美味しそ!
いつの間にか袋を開けていたテヒョンはトリュフを一口食べる
テヒョン
テヒョン
ん!美味しい😊
あなた
あなた
よ、良かった//
テヒョン
テヒョン
おぉー!BTS!
TATAもあるー!
テヒョン
テヒョン
これは写真撮って食べるから持ち帰るね🥰
あなた
あなた
うん
そう言ってトリュフをもう1つ口に入れる
テヒョン
テヒョン
あなたも食べる?
あなた
あなた
え?いや私は、
テヒョン
テヒョン
甘くて美味しいよ?
そう言ってテヒョンはゆっくり顔を近づけてくる
あなた
あなた
え?、
あなた
あなた
な、なに?///
いつの間にか頬に手を添えられ、これからすることを想像すると恥ずかしくて動けなくなった
テヒョンは企むような怪しい笑顔を浮かべている



そして私達は今までで1番甘いキスをした
あなた
あなた
っ//////
テヒョン
テヒョン
どう?甘い?
あなた
あなた
甘すぎ//


今日は人生で1番幸せなバレンタインデーだ
テヒョン
テヒョン
あなた、愛してる
あなた
あなた
私も愛してる
テヒョン
テヒョン
(*´罒`*)イヒヒ
あなた
あなた
☺️
私達はおでこをくっつけ微笑み合いもう一度甘い口づけを交わした














fin.















(。-ω-。)----------キリトリ線----------(。-ω-。)
ま、間に合った。。😅
みなさんバレンタイン編はどうでしたか?!





良ければ感想を!!!





ホワイトデーお楽しみに🥰
ハッピーバレンタイン💌🍫😌💕

シェア&お気に入りしよう!

この作品をお気に入りに追加して、更新通知を受け取ろう!

あらいぐま
あらいぐま
JK3 バイト漬け 小説とか書けるかな 小説書くの人生初なので色々許してください。 語彙力ください( ˉ ˡˍˉ ) 学生なので投稿は不定期どす。
恋愛の作品もっと見る
公式作品もっと見る