無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第5話

🌎.
.









あれから部屋を案内してもらったり







この家の探検をしてみたり








みんなシェアハウスしている事を教えてくれたり







沢山沢山お話してだいぶみんなと仲良くなった
















ブーッ









突然 、 誰かのスマホの通知がなる






Jk
Jk
    テヒョニテヒョンの ??    
Th
Th
    あ 、僕だ    





友達からの電話かと思いながら自分のスマホと






もう一度にらめっこする











すると次の瞬間










Th
Th
    あ ? 今から ? いいよ行く    
Th
Th
    先ホテル行ってて 、    



さっきのテヒョンアとは思えない人だった












U
U
    、 え ?    
Th
Th
    ジニヒョンちょっと行ってきます    
Jn
Jn
    明日どのくらいで帰る ?    
Th
Th
    ヤったらすぐ帰りますんで    
Jn
Jn
    おけおけ ~    







え 、は 、まじで ??

















お母さん 、俺とんでもないとこに






きちゃったかもしんないす …






next