無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第33話

story_29


















あなたside


龍友が最近冷たい。


そんなことはないって信じないと。


だけど………怖くて怖くて。


スーパーの帰りに龍友を見かけて、


あとをついて行ってみた。

スタイリスト
あ、龍友~💜
やっぱり来てくれた。‪w

え、うそ、あの人、あのときの…。
数原龍友
数原龍友
……………。
スタイリスト
なに??黙り込んじゃって‪w
スタイリストとホテルの前??
奥さんいるのに??‪w
笑っちゃう‪w‪w‪w
数原龍友
数原龍友
………僕はっ…。
スタイリスト
早く。入るよ。
数原龍友
数原龍友
嫌です。
スタイリスト
は??何言ってんの。
早く!!

いや、いやっ……………。
山下健二郎
山下健二郎
あれ、あなたやん!!
どうしたんこんな時間に………。
は??あれはなんや。
龍友やんけ。
なんで止めに行かへんねん。
おい、あなた、あなた??

足が震えて動かない。


言葉にできない。


あれ、私ってこんな人間だったっけ。
山下健二郎
山下健二郎
はぁ………。
わかった、ここで待っとけ。

…………………………え??
山下健二郎
山下健二郎
おい龍友。
スタイリスト
え………山下さん??
山下健二郎
山下健二郎
いや、まずはこっちからやな。
おい、龍友には嫁がおるやろ。
そのことはもう知ってるはずや。
なんでや。お前はくそか。
今やったら許したる。
早くこの場から消えろ。
スタイリスト
……………っ。
山下健二郎
山下健二郎
へなちょこやなぁ。
すぐ逃げよった。
数原龍友
数原龍友
健二郎さん……………。
山下健二郎
山下健二郎
龍友、向こう見ろ。
数原龍友
数原龍友
え……………??

龍友と目があってしまった。


今、1番目があいたくない人と。
数原龍友
数原龍友
あなた…??
山下健二郎
山下健二郎
龍友………なにしとんねや!!((パァンッ
数原龍友
数原龍友
……………。

健ちゃんが思いっきり、龍友のことをビンタした。
山下健二郎
山下健二郎
お前のことやからなんとなくわかる。
あのスタイリストに
呼び出されたんやろ??
3年前のことで。脅されたんやろ。
やけどな。守るものがあるのに
ここへくるのは違うわ。
あなたはな、怖くて怖くて、
スーパーの近くで見かけた龍友を
追ってきたんやぞ。
最近冷たくしてるとかそんなんやと
思うけどな。
今日はしっかり頭冷やせ。
俺明日仕事ないし、
龍友は夜仕事ないやろ。
今日1日あなたのこと預かるから。
しっかりと考えろよ。
俺だってな、我慢しとんのや。
あなたが龍友に、龍友のファンって
ことを打ち明ける前から、
龍友にどう伝えたらいいんやろって
相談も受けてた。
俺はあなたのことが好きや。
俺はあなたの幸せを願ってる、
けどな、今の龍友は夫失格や。
じゃあな、龍友。
数原龍友
数原龍友
…………………………………………。
山下健二郎
山下健二郎
あなた、今日は俺の家泊まり。
家、帰りたくないやろ??
あなた

…ありがとう、健ちゃん………。

山下健二郎
山下健二郎
ほら、立てるか??
あなた

うん……………。


龍友がこっちを見ている。


寂しそうな瞳で。
山下健二郎
山下健二郎
はぁ……………
ほら、行くで。













私はこれからどうなるんだろう。

シェア&お気に入りしよう!

この作品をお気に入りに追加して、更新通知を受け取ろう!

えすたん.
えすたん.
👊🐒🌈 と書いて ファンマ と読む。 🍑 … まるちゃん同盟👼
恋愛の作品もっと見る
公式作品もっと見る