無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

前の話
一覧へ
次の話
15
2021/02/26

第2話

消えちゃえば
なんでだろう。
いつからだろう。
こんなにも
辛かったいじめ。差別。後ろ指。濡れ衣。
なんでこんなにも
感じなくなったのだろう
_なんにも感じなくなったのは_
毎日が嫌で
嫌で。嫌いだった。
学校に行けばいじめられて
家に居れば無視されて
ゆういつの味方の先生も
私を差別した
沢山の和声を浴びせられ
もう私なんて
_いっそ消えちゃえば_