前の話
一覧へ
次の話

第104話

問題児その100
1,079
2022/07/06 12:11
くろお
とりあえず、一件落着だな
あなた
……いや、その
くろお
ん?





ん?じゃねーよ。ん?じゃ




あなた
あんた……電話中に
くろお
……あ





……忘れてたんかい。



くろお
ちょーかっこ悪ぃけど
くろお
タイミング今しかねぇから言うわ






すぅと、息を吸ったり吐いたりして深呼吸をしているクロ。



あぁ、この感じ。



きっと、あれだ。



私は鈍くない。だから、わかる。雰囲気で。




つぎ、クロが言おうとしていることくらい。







くろお
俺はあなたが好きです
くろお
俺と、付き合ってほしい






予想通りだった。



すごく、うれしい。嬉しいんだ。でも、今の私は
あなた
くろ……
くろお
いま、返事は要らねぇよ
あなた
……え
くろお
ゆっくりでいいから
あなた
……うん






頭がパンクしそー……





電話で"彼氏"って言われた時はかなり動揺したケド…






あー、思い出しただけでかなり恥ずかしい







部屋から出て、階段を降り1回のリビングへ。





みんなに謝らなきゃだから


くろお
照れてる
あなた
照れてない
くろお
照れてる
あなた
照れてない
くろお
好き
あなた
……反則
くろお
俺の勝ち〜
あなた
ウザイ
----------------------------------------




優太side




階段を降りてくる2人の足音。





言い合いをしながら来ているものの、その内容は熟年夫婦かよってツッコミを入れたくなる。




優太
(黒尾さん、やっぱりすごい)





あなた
……ご迷惑お掛けしました




頭を深く下げるあなた。




その瞬間、家族全員があなたに抱きついた

楓汰
おねーちゃあぁん……
零斗
ごめん……いつも頼りすぎてた
聖良
大好き
紗良
ごめんね
優太
……おかえり。いつもありがとう



あなた
……ただいま。みんな





そんな姉の目元には、少しばかりの涙が浮かんでいた





----------------------------------------



大切なお知らせです。


読者様、フォロワー様、チャプター5のご観覧の程よろしくお願いします🙏

プリ小説オーディオドラマ