無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

4,014
2021/09/04

第4話

寮生活
                 ーヴィラン連合ー

あなた)弔くん!私、寮って所に入ってもいいかな?

死柄木)は?お前寮に入りたいのか…はぁ
、寮には入ってもいいが、条件がある

あなた)?…条件ってなに?

死柄木)雄英の状況を随時教えろ。後、オールマイトの今の体調とか調べてこい

あなた)それぐらいなら…!でも、まだオールマイトに会えてない。明日には会えるといいけど…

黒霧)話がまとまったみたいですね。じゃあ、寮への手続きもしておきますので、明日までに荷物なども準備しておいてぐださいね。

あなた)黒霧いつもありがとう…!

黒霧)いえいえ、あなたには毎回"個性"で助けていただいていますので

あなた)…私はただ"治癒"の個性使ってるだけだよ?

死柄木)お前の個性のお陰で俺達は大暴れできてる、少しは誇っていいだろ。

あなた)…ありがとう弔くん。そういえば、なんで治癒の個性は雄英には内緒なの?

死柄木)まず2つも個性があったら目立つし、治癒の個性をあいつらが知ったらあなたを利用しようとするだろ。

あなた)弔くん…そこまで考えてくれてありがとう

死柄木)あぁ、学校生活は楽しいか?

あなた)うん楽しいよ!まだ1日目だけど、皆優しかった

死柄木)…そうか。なぁ、俺達は雄英の…ヒーローにとっての敵だ、お前はどっちにいたい?

あなた)…私は、弔くんが救ってくれなかったら死んでた…私にとってのヒーローは"死柄木弔くん"だよ?だから、私はヴィラン連合を裏切らない

死柄木)……その言葉を信じてるからな、お前は俺達の仲間だ

あなた)うん!じゃあ、おやすみなさい




ーーお前が15歳になったころに、きっと…ーー--が--だろう……ーー




あなた)これは誰の声…?聞いた事がある…ような


「そろそろ時間だ。」

私は最後にこの言葉を聞いた…。何か胸の中の扉が少し開いた音がした