無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

呪いにかけられた私達
○○side
ソクミン
○○!待ってよ!
スングァン
○○!
スングァンが私の手を掴んだ
○○
……。
チャン
ヒョン何考えてんだよ…
ハンソル
○○。泣きたい時は泣きな?
○○
え…
ソクミン
僕達親友じゃん!
スングァン
そうだよ!ヒョンは僕らが懲らしめとくから(ง ˙-˙ )ง
○○
みんな…泣
私は周りの目なんか気にしないで泣きまくった


私たちのことを不思議そうに見る人が沢山いたけど


そんなこと今の私にはどうでもよかった
チャン
落ち着いた?○○
○○
うん!みんなありがとう!
ハンソル
よし。じゃあ買い出し行こっ!
ソクミン
遅いと女子達うるさいもんなー
この4人がいてくれなかったら私は今頃どうしてただろう


親友って言ってくれたのがすごく嬉しかった
○○
みんな!
みんな
んー?
○○
ありがとう。
私がそう言うとみんなは笑って頷いてくれた
スングァン
よし!ヒョンを殴りに行くぞー!!
チャン
違うでしょ!ほら買い出し!
○○
行こっか!笑笑
みんなのおかげで気持ちは楽になったけど


やっぱりあの光景が頭に浮かんできて泣きたくなった
「いいね」やコメントをしよう!
作者に気持ちを伝えて応援しましょう ♡