無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

呪いにかけられた私達
前のチャプターへ戻る

第100話

episode.100
○○side
それから私たちは夜中まで歌って解散した


高校時代に戻ったみたいですごく楽しかった
○○
ねぇオッパ
ジフン
ん?
○○
ありがとう!
ジフン
なんだよ笑
そして今私が1番伝えたいこと
○○
誰よりも愛してるよ。
ジフン
な、なんだよいきなり笑
○○
わー!照れてる!
やっぱ私のオッパは可愛い


オッパの事をからかってたらいきなり私の方を見た
ジフン
○○…
○○
ん?
するといきなりオッパが私にキスをしてきた
ジフン
俺も
○○
…///
オッパはずるい


いつも私より上をいくから


だけどそんなオッパと出会えてよかった


私は世界一の幸せ者です__




❦ℯꫛᎴ❧




__________________
最後まで読んでくださった読者の皆様ありがとうございましたm(*_ _)m


お気に入り登録してくれた方ハートをくれた方本当に嬉しかったです!!

途中呪いと関係なくなってしまってごめんなさい…

本当にありがとうございました!

これからも応援してくださると嬉しいです!
続きはまだありません・・・
この作品をお気に入りに追加して
更新通知を受け取ろう!
更新通知は「本棚」で確認できます
「いいね」やコメントをしよう!
作者に気持ちを伝えて応援しましょう ♡