無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

呪いにかけられた私達
それから昼休みになり
ハンソル
○○!屋上いくよ!!
○○
あ、うん!今行くー!!
女子
あの子お昼も一緒に食べるの?何様なの。
女子
なんかさジフン様と仲良いらしいよ
女子
私の好きな人じゃん死ね
女子
いじめよっか。





こんなことも知らずに屋上に来ていた私たち
高3line
おーい!○○たちー!!
高2line
みんなー!朝ぶりー!!
○○
あ、オッパ!!
みんなで美味しくお昼ご飯を食べ、教室に戻った
女子
ねえ○○ちゃん放課後話あるから教室に残って?
○○
あ、うん!わかった!
ソクミン
なあスングァン聞いた?今の
スングァン
うん。聞いてた、
でも大丈夫でしょ!
友達になってとかだと思うよ!
ソクミン
だよな!
○○
なんだろう。話したいことって、
まあ気にしなくて大丈夫だよね!
〜放課後〜
チャン
○○帰ろ〜!
○○
ごめん!私用事あるから先帰ってて!
チャン
わかった!
ハンソル
気をつけて帰ってきなよー!
○○
うん!!ばいばい!
「いいね」やコメントをしよう!
作者に気持ちを伝えて応援しましょう ♡