無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

呪いにかけられた私達
いつかは話さなきゃって思ってたけど。
いざ言うとなるとやっぱり手が震える。
ジュン
○○。ゆっくりでいいよ?
○○
うん。
チャン
はい!深呼吸して!
私は呼吸をととのえて今まであったことを全て話した。
○○
同じクラスの女子からいじめをうけてたの。それでオッパ達と仲良くしたらオッパ達を傷つけるって言われて、それで私たえれなくなって泣
ハンソル
○○、もういいよ。
ソクミン
ごめんね。気づけなくて
スングァン
僕○○と同じクラスなのに泣
○○
全然大丈夫!
ジフン
無理して笑うな!○○、無理しなくていい
○○
ごめんなさい泣
ミョンホ
○○。辛かったね。
これからは頼って?
スンチョル
そうだよ!俺達は家族だぞ!
頼んないでどうするの!
○○
ごめんねオッパ泣
スニョン
○○。ほんとに気づけなくてごめん。
○○
いいの!大丈夫だから!
ウォヌ
これからはなんかあったらみんなに言うこと。
ミンギュ
わかった?○○?
○○は1人じゃないんだから!
○○
うんわかった!
ジス
いい子だね( * ॑꒳ ॑*)۶"ナデナデ
ジョンハン
俺の○○いじめたやつ誰よ…
私は幸せ者だ、
なんで最初からオッパ達に相談しなかったんだろう。
私はこの家族の一員になれてよかった、
「いいね」やコメントをしよう!
作者に気持ちを伝えて応援しましょう ♡