無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

呪いにかけられた私達
〜次の日〜
○○
みんなおはよー
ジフン
おはよ○○
○○
あれ?みんなは?
ジフン
学校行った
○○
え!?今何時!?
ジフン
10時だよ
○○
そっかー、
ジフン
○○今日病院だよ
○○
あ、そうだった!
オッパ一緒に行ってくれるの?
ジフン
あたりまえだろ
ほら行こ
○○
うん!
〜病院〜
病院の先生
傷口すこしよくなりましたね!
けどまだ糸はとらないでおきますね、
○○
はい!あの先生最近傷口が痛くなるんですけどどうしたら、
病院の先生
あ、ほんとですか?
じゃあ痛み止めだしときますねー!
○○
ありがとうございます!
病院の先生
車椅子はもう大丈夫そうです!
○○
あの先生学校行ってもいいですか?
病院の先生
まだ危ないですよ、
どうしてもというのなら体育は絶対しないでください。
無理せず保健室で休んでくださいね?
○○
はい!ありがとうございます!!
病院の先生
じゃあもう大丈夫ですよー!
次は一週間後にきてください!
○○
はーい!
ジフン
○○。まだ傷口あんまよくないのにいいの?学校なんて、
お前のこといじめてたやつだっているのに
○○
大丈夫!私にはオッパ達ついてるし!
ジフン
そうだな笑
「いいね」やコメントをしよう!
作者に気持ちを伝えて応援しましょう ♡