無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

呪いにかけられた私達
オッパがゆっくり車椅子をおしてくれる。
寮はとても大きいから車椅子は余裕で通れる。
リビングの中に入るとジョンハニオッパと目が合った
ジョンハン
え、○○?
その言葉にみんな一斉に私とジフンオッパのことを見る
スングァン
○○!?
○○
みんなごめんね
ジュン
ばか!心配したんだから!!
僕達がいるのに死のうとするとかほんとにばか!
ジュンオッパが怒ったところを初めてみた
○○
ご、ごめんなさい泣
ジュン
もうこんなことしないでね泣
よかったほんとに泣
そう言いながら抱きついてきたオッパ
○○
オッパ泣
ハンソル
○○泣よかった泣
ミョンホ
ほんとに心配してたんだよ泣
ソクミン
○○ー!!!!泣
ミンギュ
○○泣ご飯支度ずっと1人で寂しかったんだよばか泣
ジス
○○、戻ってきてくれてよかった泣
スニョン
○○もうこんなこと二度としないでね。
罰として一緒にコンビニ行こうね泣
スンチョル
○○。ほんとに良かった泣
チャン
○○がいない教室ほんとに寂しかったよ泣
ジョンハン
○○と一緒にシュアのこといじめれなくて寂しかったよばか泣
スングァン
○○!はやく一緒にお菓子食べるよ!泣
ウォヌ
寂しかったんだぞ、今日ゲームしような泣
ジフン
よかったな○○泣
みんなそれぞれ言いながら抱きしめてくれた
○○
みんな泣
ほんとにほんとにごめんなさい。
もうこんなことしません。
みんなのことを愛してるよ
セブチ
俺達も愛してる😊
私はもう二度とこんなことしません。
みんなとずっと一緒にいたいから
「いいね」やコメントをしよう!
作者に気持ちを伝えて応援しましょう ♡