無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

呪いにかけられた私達
スニョンside
俺は”恋”してる。
君に初めて会ったのは入学式の前の日
俺は1人で街に出掛けていた
学校の物を買うために
スニョン
んー。あとは文房具だけかー
そんなこと言いながら歩いてたら
ドンッ
??
いったい、
スニョン
いって
??
あ、ごめんなさい!!
スニョン
や、こちらこそごめんなさい!
この時だった
恋に落ちたのは、
スニョン
あ、あの
??
え?どうしました?
スニョン
あ、いやなんでもないです!
ごめんなさい!
??
あ、こちらこそすいません!
では失礼します!
スニョン
はい!!
すごく綺麗でずっとみてられる女の子だった、
知らない人なのにすごく笑顔で対応してくれて優しい人なんだなって思った。



























またどこかで会いたいな_
「いいね」やコメントをしよう!
作者に気持ちを伝えて応援しましょう ♡