無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

呪いにかけられた私達
○○
みなさんはどんな呪いなんですか?
スンチョル
人それぞれなんだよ、目が真っ赤になったり人格かわったり動物の耳や尻尾がいきなりでてきたり羽がはえたり…
○○
やっぱりそうなんですね、
そう。私達は生まれた時からこうだ。
ただそれは20歳まで20歳になれば自然に呪いはとけると言われた。
ジョンハン
○○親は?
寮ってことは家ないのか?
○○
いや家はあるんですけど、私親に捨てられてて!
ジス
え、ほんと?
○○
はい!私は産まれてすぐに捨てられていたそうです。
ここまで成長したのは拾ってくれた優しいお兄ちゃんのおかげです。
スンチョル
俺達もなんだよ、親に捨てられてるんだ、
○○
え、そうだったんですか。
ジュン
これからはこの14人が家族だね☺️
あと妖精さんも!!
○○
妖精さん??
ミョンホ
あ、○○ちゃんほっといていいよ!笑笑
○○
あ、はい!
ミンギュ
てか○○さ敬語やめなよ!!
あと俺のことオッパ呼びして!
○○
わかった!ミンギュオッパ!!
ジフン
俺もオッパ呼びがいい
○○
ジフンオッパ!
ジフン
…///
スニョン
やー!ずるいぞジフン!!
スンチョル
もう!みんなのことオッパ呼びでいいでしょ!
○○
私は全然大丈夫^^*
セブチ
か、かわいい…///
「いいね」やコメントをしよう!
作者に気持ちを伝えて応援しましょう ♡