無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第2話

お熱出た時の話
僕と会長ね。4年くらい付き合ってるの。

んで、前さ熱出たんだよ。
それで学校行ってさ。(コロナ流行ってない時)

んで体育あって、俺普段サボってるからサボっててさー。んで、案の定会長が迎えに来るじゃん

反抗する気力もなくて‪w‪w

んで、「はいはい」って言って立ったらさ

ふらっ…ってなって倒れたの。


目覚めたら俺ん家で、会長が看病してくれてて

「お前高熱やん。」って看病してくれて

んでさ「粥作りにいくから。」って離れようとしてさ。

寂しいからさぁ。

「行かんといてや…」って会長止めてん


そしたらおでこに手をぴたってやって


「んー…微熱か。大丈夫優しくする。」って



抱かれました。