無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

目が覚めたら、君に好きだと伝えるから

恋愛

目が覚めたら、君に好きだと伝えるから

13
39
128
2021/02/25
オリジナル
連載中
デイリーランキング最高 31 位(オリジナル)
学校の怪談
いつからかこの学校に存在する七不思議の一つ。
廊下にある大鏡の正面に置いてある大きな時計、その時計がある時間を示した時…学校内にいた生徒はそこから1時間意思と関係なく好きな人を殺したくなると言う…。

如月中学校に入学してから1年と数ヶ月経って、すっかり落ち着いた浜辺静花(はまべせいか)は既に同じクラスの羽山彼方(はやまかなた)に恋をしていた。
この恋は叶わないと絶望を友達に吐き出し、諦めるなと言われるたびに彼方への想いは強まって行く一方だった。
「告白しようかな」
ようやく決心がついた時、静花の思いを邪魔するかのように悪夢は起こった。
「ねぇ、どう言うことかな?学校から出られない…」
開かなくなった窓や玄関の扉、校舎に閉じ込められたまま誰もが動揺した。
「ねぇ見て…時計の針が」

今から1時間、貴方は好きな人を殺さずにいられるのでしょうか?

チャプター

全6話
続きから読む
並び替え

この作品のタグ

恋愛の作品もっと見る
公式作品もっと見る