無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第4話

ウジくんHappybirthday!!!
今日はウジくんの誕生日です。


フォロワーさんの中にはCaratさんがいるかもしれませんね。


私はCaratになって、まだ1年もたっていませんが、


私はSEVENTEENが大好きです。


普通に顔面偏差値が高いから、好きになったのではなく、


ウジくんが作曲していて、SEVENTEENが歌っている歌に


私はハマったんです。


でも、SEVENTEENは普通にイケメンだし、面白いし可愛いし。


愛される要素全開で笑


その中で私が1番初めに、


好きになったのがうじくんでした。


ウジくんはボーカルチームのリーダーであり、


作詞作曲をほぼこなしていて、ダンスもキレッキレという、素晴らしい才能の持ち主です。


でも、それはSEVENTEENのみんなが持っている。


彼には、いや。彼らには何か特別なものが、


彼らの中にあるような。


"絆"というものでしょうか。


私はSEVENTEENを好きになってよかった。


ウジくんに出会えてよかった。


日本のCaratからしたら、韓国のSEVENTEENには


もしかしたら会えないかもしれない。


サイン会やライブに行けないかもしれない。


でも、CaratはいつでもSEVENTEENを愛しています


SEVENTEENは特別な私たちの宝物です。


絆で繋がれた13人の小指に嵌められた指輪。


それがSEVENTEENを繋いでいるんではないでしょうか。


私はそう思います。


SEVENTEENに、ウジくんに届かないけど。


これだけ言わせてください


ウジくん、SEVENTEEN、사랑해。