無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第17話

SEVENTEEN
『ドタドタ…』
こんな全速力で走ったの久しぶり過ぎて…息が…
廊下を曲がると、そこにはなんとジヌさん
と…
あの、性格やパピ女性スタッフ!!
あなた

……

私は急いで、物陰に隠れた。
あ、あの…ジヌさん?
ジヌ
ん?どうしたの?
いつもの優しい声が聞こえてくる。
……私…ジヌさんのことが…好きです…//付き合ってください!!…//
えーーーーー!
マジで!?
嘘やん…
ジヌ
……僕は…
私はその後の言葉が聞きたくなくて、はたまた全速力でその場を去った。
最悪……
終わったよ…
言えずに終わる…こんな惨めなことあるの?
気づけば、自室に戻ってきていた。
あなた

春夏
あなた!どうだった…?
あなた

…うわぁぁぁん!!

春夏
……
私はその場に泣き崩れた。
春夏は何も言わずに、そっと支えてくれた。
あなた

…前のね…ライバルの人がね…ジヌさんに…告白してて…うわぁぁぁん!!

春夏
それで、付き合ったって訳?
あなた

ジヌさんの返事は聞きたくなくて…戻ってきちゃった…

春夏は、キョトンとして私に言った。
春夏
え?じゃあ、付き合ったかどうかわかんないじゃん。
あなた

え…

言われれば、そうだ。
春夏
なーんだ。心配して損したぁ…(笑)
あなた

おいおい!

それで、マジで付き合ってたらどうすんの…!
春夏
はい!もう一回行ってこーい!!
あなた

えっ!?ちょっとま…

『バタン』
私が言い切る前に部屋から追い出された。
私は渋々、もう一度彼の元へ向かった。
今度は、絶対に…伝えなきゃ

シェア&お気に入りしよう!

この作品をお気に入りに追加して、更新通知を受け取ろう!

mou
mou
▻► A Song For You _. 涙がこぼれ落ちるその前に そっと I sing this song for you ._ ❥ WINNER:Seungyoon 'まじ好き' 何を言われようとも推すから。 気軽に声かけてください(˙꒳​˙ )͟͟͞͞ = ❥ うさまる ❥︎ ロゼちゃん 사 랑 해 요
恋愛の作品もっと見る
公式作品もっと見る